版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊

ブルーシープはこんな会社です

18年続けてきた書店員を辞め、ふらりと無職のまま東京に来ました。児童書に関わる出版社で働きたいと思いながら2年経った去年、ブルーシープの求人を知って応募。
正直、面接に行った時は、どんな会社かあまりわかっていませんでした。でも、その時にjunaidaさんの絵が好きだと話したら、「展覧会やるよ」とさらりと言われ、働きたいなぁという思いでいっぱいになって帰ったことを覚えています。 (さらに…)

このまちの、あれこれかれこれ

古小烏舎(ふるこがらすしゃ)と申します。この9月に法政大学の陣内秀信研究室での長年の研究成果を書籍化した『トスカーナ・オルチャ渓谷のテリトーリオ〈都市と田園の風景を読む〉』を刊行しました。コロナ禍の猛暑の夏、大著の校了が差し迫る中、事務所移転の引越し作業も重なり、いろんな汗が入り交じる慌ただしい日々でしたが、本が無事に完成し、ほっとしました。 (さらに…)

出版社営業ができること

みなさんはじめまして。
フィルムアート社営業部の宮迫と申します。

新卒で大手書店チェーンに入社し、関西を中心に主に西日本の店舗を転々としながら9年ほど勤務し、長男の誕生をきっかけに今の会社に転職しました。今年で書店と出版社の社歴が半々くらいになったところです。 (さらに…)

小さな出版社のつづけ方 ~能美舎編~

 はじめまして。琵琶湖の最北端にある賤ヶ岳という山の麓で飲食店をしながら、「能美舎」という屋号でひとり出版社をしている堀江昌史(ほりえ・まさみ)と申します。能美舎は2016年に設立し、2018年にISBNを取得。これまでに、ISBNをつけた書籍は9冊刊行しました。 (さらに…)

自分の頭のハエを追え

二つの会社勤めを経て、独立した。もう18年経つので、「馬齢を重ねる」という言葉こそ相応しい。
独立の理由は、拾ってくれた会社に実績を残し、次の舞台で飛躍!とかでは、・・・勿論、ない。冷や汗ものだが、準備もない中、食うには困らないだろうとの楽観論のまま二人でスタートを切った。 (さらに…)