版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
推しが卒業するとき 森貴史(著) - 図書出版みぎわ
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: 八木|トランスビュー
直接取引: あり

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

推しが卒業するとき (オシガソツギョウスルトキ) 大学教授、ハロプロアイドルを〈他界〉する。 (ダイガクキョウジュハロプロアイドルヲタカイスル)

芸能・タレント
このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
320ページ
並製
価格 2,200円+税
ISBN
978-4-911029-03-9   COPY
ISBN 13
9784911029039   COPY
ISBN 10h
4-911029-03-X   COPY
ISBN 10
491102903X   COPY
出版者記号
911029   COPY
Cコード
C0073  
0:一般 0:単行本 73:音楽・舞踊
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2023年11月2日
書店発売日
登録日
2023年9月8日
最終更新日
2023年11月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

卒業発表は突然に――
ハロー!プロジェクトのJuice=Juiceに所属する稲場愛香さん〈推し〉の大学教授。ライブや握手会を楽しんでいた〈推し活〉の日々が、突然の卒業発表で一変してしまう。待ち受けるのは〈他界〉=推しを辞める未来しかないのか…… 取り戻せない「あの頃」のことを思い出しながら、アイドル文化とは何なのか、なぜ〈推し〉に惹かれるのかを考え始める。〈推し活〉をするすべての人に送る、アイドルを応援することの楽しさを伝える「現場」体験記!

目次

【目次】
 まえがき
1 卒業へとつづく道
 卒業発表まえの稲場愛香さんのこと
卒業までの近くて遠い道のり
 終わるラジオ番組たち
  オタクの肖像1 「かなこ」さん
2 推し卒業後の〈現場〉にゆく
 映画『あの頃。』を観にゆく
 宮本佳林さんのリリースイベントにゆく
 『STAGE VANGUARD 悪嬢転生』公演にゆく
 ラジオの公開生放送にゆく
  オタクの肖像2 「カーズ」さん
3 2022年春のJuice=Juice
 推し卒業まえのメンバーたちで
  オタクの肖像3 「ハチ」さん
4 アイドル文化を考える
 アイドル文化の多様性
 アイドルをめぐる環境の変化
  オタクの肖像4 「かおり」さん
5 〈他界〉どころか、〈推し増し〉
 「単推し」の宿命
 アンジュルム 橋迫鈴さんのこと
 アンジュルム 平山遊季さんのこと
 番外編 きゅるりんってしてみて 島村嬉唄さんのこと
  オタクの肖像5 「むげい」さん
6 推しの卒業を受け入れる
 インターネットソロサイン会のこと
 アイドルもひとりの女性であること
 金澤朋子さんの芸能界引退
 卒業公演までの最後の1週間
  オタクの肖像6 「みうみう」さん
7 推しの卒業公演にゆく
 LINE CUBE SHIBUYAにゆく
 日本武道館にゆく

 あとがき

著者プロフィール

森貴史  (モリ タカシ)  (

ドイツ文学者。1970年、大阪府生まれ。Dr. phil.(ベルリン・フンボルト大学)。現在、関西大学文学部(文化共生学専修)教授。主要著書・訳書に、『旅行の世界史 人類はどのように旅をしてきたのか』(星海社新書、2023年)、『リヒトホーフェン 撃墜王とその一族』(中公新書、2022年)、『ドイツの自然療法 水治療・断食・サナトリウム』(平凡社新書、2021年)、『〈現場〉のアイドル文化論 大学教授、ハロプロアイドルに逢いにゆく。』(関西大学出版部、2020年)、『裸のヘッセ ドイツ生活改革運動と芸術家たち』(法政大学出版局、2019年)、『踊る裸体生活 ドイツ健康身体論とナチスの文化史』(勉誠出版、2017年)、„Klassifizierung der Welt. Georg Forsters Reise um die Welt.“(Rombach Verlag、2011年)、ミヒャエル・H・カーター『SS先史遺産研究所アーネンエルベ ナチスのアーリア帝国構想と狂気の学術』(監訳、ヒカルランド、2020年)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。