版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
マルクスの生活者の思想とアソシエーション 岩佐 茂(著/文) - 桜井書店
..
【利用不可】

書店員向け情報 HELP

マルクスの生活者の思想とアソシエーション (マルクスノセイカツシャノシソウトアソシエーション)

社会科学
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:桜井書店
四六判
縦195mm 横137mm 厚さ22mm
重さ 430g
312ページ
定価 3,700円+税
ISBN
978-4-910969-03-9   COPY
ISBN 13
9784910969039   COPY
ISBN 10h
4-910969-03-9   COPY
ISBN 10
4910969039   COPY
出版者記号
910969   COPY
Cコード
C3010  
3:専門 0:単行本 10:哲学
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2024年4月25日
書店発売日
登録日
2024年4月5日
最終更新日
2024年4月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

疎外論・物象化論にマルクスの未来社会構想の核心を見る!
マルクスの理論を貫く「生活者の思想」を読み取り、「生活の生産」の視点からマルクスの人間解放思想の根幹を読み解く。
「マルクス・レーニン主義(=スターリン主義)」にも論及する。

目次

まえがき
                             
序 章 生活者の思想:哲学の生存論的転回

第Ⅰ章 マルクスの生活者の思想:「生活の生産」の視点から
一 マルクスの根底にあるヒューマニズムの思想
二 生活者である貧民と労働者
三 「生活の生産」から構想された唯物史観
四 消費と生産の同一性の思想
五 社会の構造的把握と動態的把握
六 『資本論』を貫く「生活の生産」の視点
七 「生活時間」の考察:「必要性の国」と「自由の国」

第Ⅱ章 生活者の生活活動における意識活動と観念
一 生活世界としての生活過程
二 生活主体の活動形態と客体へのかかわり
三 生活活動における意識活動と観念
四 生活活動における構想力の働き

第Ⅲ章 資本主義批判としての疎外・物象化論
一 疎外論はどのように評価されてきたのか
二 『パリ草稿』にける疎外論の三つの水準
三 「第一草稿」における疎外論
四 「ミル評註」における疎外論
五 「第三草稿」における疎外論
六 ヘーゲルを踏まえて疎外論を読み解く
七 資本の論理が引き起こす疎外と物象化
八 資本の論理による疎外された生産
補論 マルクス・レーニン主義における物象化論批判

第Ⅳ章 マルクスの物質代謝論:生活と環境へのアプローチ
一 人間と自然の物質代謝
二 『資本論』における「物質代謝」概念
三 人間と自然の物質代謝の「撹乱」
四 人間と自然の正常な物質代謝:自然との共生の実現
五 疎外された工業、疎外された農業の克服の展望

第Ⅴ章 マルクスのアソシエーション論の射程
一 労働者と市民:階級の論理と市民の論理
二 マルクスはアソシエーションをどうとらえたのか
三 『ドイツ・イデオロギー』における「諸個人」の概念
四 マルクスが構想したアソシエーション
五 疎外の克服とアソシエーション

終 章 唯物史観おける活動と諸条件の弁証法
一 唯物史観における「諸条件」の概念の意義
二 活動と諸条件の弁証法
おわりに

補 論 マルクスの思想から離反したマルクス・レーニン主義哲学
はじめに
一 マルクス・レーニン主義とは
二 レーニン哲学の両義性
三 スターリン哲学の批判
四 バイアスのかかったマルクス解釈:物象化論に即して

あとがき

著者プロフィール

岩佐 茂  (イワサシゲル)  (著/文

1946年北海道生まれ。1971年北海道大学大学院文学研究科博士課程中途退学。北海道大学文学部助手、北見工業大学講師・助教授、一橋大学社会学部助教授・教授、社会学研究科教授を経て、2010年退職。一橋大学名誉教授。
著者に、『唯物論と科学的精神』(白石書店、1983年)、『哲学のリアリティ』(共著、有斐閣、1986年)、『人間の生と唯物史観』(青木書店、1988年)、『ヘーゲル用語事典』(共編著、未来社、1991年)、『環境の思想』(創風社、1994年)、『環境リテラシー』(共編著、リベルタ出版、2003年)、『環境保護の思想』(旬報社、2007年)、『環境問題と環境思想』(編著、創風社、2008年)、『マルクスの構想力』(編著、社会評論社、2010年)、『脱原発と工業文明の岐路』(共著、大月書店、2012年)、『生活から問う科学・技術』(東洋書店、2015年)、『マルクスとエコロジー』(共編著、堀之内出版、2016年)、他。

上記内容は本書刊行時のものです。