版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
私とお隣さん M.B.ゴフスタイン(著/文) - トンカチ
.
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3 詳細画像 4
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

直接取引: あり(トランスビュー扱い)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

私とお隣さん (ワタシトオトナリサン)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:トンカチ
A5変判
縦204mm 横167mm
32ページ
上製
価格 2,500円+税
ISBN
978-4-910592-28-2   COPY
ISBN 13
9784910592282   COPY
ISBN 10h
4-910592-28-8   COPY
ISBN 10
4910592288   COPY
出版者記号
910592   COPY
Cコード
C0798  
0:一般 7:絵本 98:外国文学、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2023年7月1日
書店発売日
登録日
2023年6月23日
最終更新日
2023年7月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

M.B.ゴフスタインを未知の読者に届けるシリーズ第6弾「私とお隣さん」。(原題:NEIGHBORS)

“お隣さんは何をしているのかな、と思った。”

「私とお隣さん」(原題:NEIGHBORS)はゴフスタインが1979年に出版した名作です。

私のすぐとなりの家に、あたらしい「お隣さん」がやってきた。
私は、お隣さんのことが気になって、気になって。
秋から夏にかけて、じっくりと時間をかけて親しくなる私とお隣さんの物語です。

“となりどうしで ほんとに うれしい。”

【この本について】
1979年にアメリカで出版されたM.B.ゴフスタインの「NEIGHBORS」は、1989年に「おとなりさん」(翻訳:谷川俊太郎)というタイトルで日本語版が出版された後、絶版となっていました。
今回、トンカチブックスから新たに「私とお隣さん」というタイトルを冠して、新たな翻訳と新たな装丁でリメイクしました。通常の絵本の単体販売と、布張りの特別装丁版の絵本と積み木がセットになった限定BOXセット『私とお隣りさん』BOXセットの2タイプをご用意しました。

【デザインについて】
今回は単体販売の通常の絵本と、BOXセット用の絵本で、表紙の仕様を変えてみました。通常の絵本はハードカバー(紙クロス)に箔押し、BOXセット版の絵本は、布貼りの表紙に箔押しで仕上げています。
絵本の内容は同じですが、2冊の素材の違いを楽しんでいただけるデザインにしています。

目次

・私たちの秋
・私たちの冬
・私たちの春
・私たちの夏

前書きなど

私と
お隣さんの
4つの季節の物語

版元から一言

M.B.ゴフスタインを未知の読者に届けるシリーズ第6弾「私とお隣さん」。
1979年にアメリカで出版されたM.B.ゴフスタインの「NEIGHBORS」は、1989年に「おとなりさん」(翻訳:谷川俊太郎)というタイトルで日本語版が出版された後、絶版となっていました。

今回、トンカチブックスから新たに「私とお隣さん」というタイトルを冠して、新たな翻訳と新たな装丁でリメイクしました。通常の絵本の単体販売と、布張りの特別装丁版の絵本と積み木がセットになった限定BOXセット『私とお隣さん』BOXセットの2タイプをご用意しています。

著者プロフィール

M.B.ゴフスタイン  (エム ビー ゴフスタイン)  (著/文

M.B.ゴフスタイン(作)
1940年、アメリカミネソタ州セントポールに生まれる。大学卒業後、ニューヨークに移り絵本作家として活動を開始。1966年に最初の絵本を出版。シンプルな線、スピリチュアルで哲学的なストーリーが児童書の枠を越えて影響を与える。1989年以降は小説を執筆。晩年は自然や天国についての物語や詩を書いた。2017年77歳の誕生日に没。

佐々木 美香  (ササキ ミカ)  (編集

佐々木 美香(デザインと企画)
「デジタルハリネズミ」などのカルトカメラのデザインから、絵本「わたしとハリネズミ」、音楽作品「Return of Sasakisan / Sasaki Mika」など。リサ・ラーソンを再発見した人でもある。

上記内容は本書刊行時のものです。