版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
ぼくのなまえはサンゴール カレン・リン・ウィリアムズ(著/文) - ゆぎ書房
.
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
トランスビュー     書店(直)
トランスビュー     八木     ト・日・他     書店
子どもの文化     書店(直)
直接取引:なし
返品の考え方: 乱丁本および帯破れは無料交換可(書店様より出版社メールアドレスへご一報下さい)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

ぼくのなまえはサンゴール (ボクノナマエハサンゴール)
原書: My name is Sangoel

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:ゆぎ書房
A4判
縦285mm 横222mm
32ページ
上製
定価 2,200円+税
ISBN
978-4-910343-06-8   COPY
ISBN 13
9784910343068   COPY
ISBN 10h
4-910343-06-7   COPY
ISBN 10
4910343067   COPY
出版者記号
910343   COPY
Cコード
C8797  
8:児童 7:絵本 97:外国文学小説
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2024年5月30日
書店発売日
登録日
2024年3月27日
最終更新日
2024年5月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

受賞情報

ワシントン州子どもが選ぶ絵本賞2011ノミネートほか

書評掲載情報

2024-07-04 朝日小学生新聞  
評者: 朝小ライブラリー
MORE
LESS

紹介

ぼくは難民になった。ぼくの名前なんて、なくなってしまったみたいだ。
――ワシントン州子どもが選ぶ絵本賞2011ノミネートほか
――「難民絵本100冊ワークショップ」から生まれた翻訳絵本


スーダンの内戦で難民になったサンゴールは、母と妹とともにアメリカへ。でも、アメリカでは、自分の大切なルーツである名前をだれも正しく呼んでくれない。ある朝、サンゴールは自分の名前を伝える、素晴らしいアイディアを思いついて――

*******あらすじ詳細*******
スーダンの内戦で「なんみん(難民)」になった少年サンゴール。
帰る家も帰る国もなくなり、母と妹とともにアメリカへの受け入れが決まる。「どこへ行ってもお前はサンゴ-ルだ。どこへ行ってもお前はディンカ族だ」と長老に励まされて旅立つ。

アメリカの大都会に戸惑いながら、覚え立ての英語で母を支えるサンゴール。でも、出迎えの人も学校の先生も皆、「サン・・サン・・サンゴエル?」と、きちんと名前を呼んでくれず、同級生にも「サン、サング!」とからかわれる。

「ぼくの名前なんて無くなってしまったみたいだ。難民キャンプへ帰りたい」と思い悩むサンゴール。ある朝、自分の名前を絵で描いて伝えると、同級生たちも次々と自分たちの名前を絵に描き、はじめて皆と打ち解ける。「素晴らしいアイディアね。それに、素晴らしい名前だわ」と先生に褒められたサンゴールは、自分のルーツと自分の名前に胸を張る。

版元から一言

――ワシントン州子どもが選ぶ絵本賞2011ノミネートほか
――国際理解教育ワークショップで注目の絵本

著者プロフィール

カレン・リン・ウィリアムズ  (カレン リン ウィリアムズ)  (著/文

【カレン・リン・ウィリアムズ/文】
アメリカのペンシルベニア州ピッツバーグ在住。ハイチやマラウィにも暮らした。カードラ・モハメッド、ダグ・チェイカとともに絵本『ともだちのしるしだよ』(岩崎書店2009)を出版。このほか、Galimito(1990)、Tap-Tap(1994)、Circles of Hope(2005)など苦難を抱えた、世界の子どもたちを描いた絵本を出版している。

カードラ・モハメッド  (カードラ モハメッド)  (著/文

【カードラ・モハメッド/文】
ピッツバーグ在住。30 年以上にわたり難民となった人々への支援に携わってきた。ケニア、パキスタン、イエメンの難民キャンプで活動したほか、2003~2015 年までピッツバーグ難民センターのエグゼクティブ・ディレクターを務めた。1969 年ソマリアのクーデターによって両親は故国を追われ、カードラは亡命先で生まれた。その後、アラブ首長国連邦で育ち、現在に至るまでソマリアへの入国を禁止されている。カレン・リン・ウィリアムズ、ジュリア・ケアンズとともに Spirit of Cheetah: A Somali Tale(2021)を出版した。

キャサリン・ストック  (キャサリン ストック)  (イラスト

【キャサリン・ストック/絵】
ニューヨークとフランスに在住。カレン・リン・ウィリアムズによるGalimito、Tap-Tap の絵を担当。また、Gus and Grandpa シリーズ(1996-2004)の絵を描いたほか、Guguʼs House?(2001)、Where Are You Going, Manyoni?(2007)を出版した。

小野寺美奈、當銘美菜、山西優二、前田君江  (翻訳

【小野寺美奈、當銘美菜、山西優二、前田君江/共訳】
日本国際理解教育学会の2016~2018 年度特定課題研究プロジェクトの一つ「難民問題から国際理解教育を問う」の絵本タスクチームのメンバー。難民をテーマとした絵本100 冊余を収集して十数回にわたるワークショップを開催し(https://kokusairikai.wixsite.com/nanminstudy/)、京都市国際交流協会主催の「世界の絵本展2021:絵本から難民と出会う」を共催した。

上記内容は本書刊行時のものです。