版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
元「日本版CIA」だから書けた 日本核武装試論 菅沼光弘(著/文) - 清談社Publico
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
ト・日     書店
直接取引:あり

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

元「日本版CIA」だから書けた 日本核武装試論 (モトニッポンバンシーアイエーダカラカケタニッポンカクブソウシロン) 「アジア有事」を生き抜くインテリジェンス (アジアユウジヲイキヌクインテリジェンス)

社会科学
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:清談社Publico
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ18mm
重さ 294g
256ページ
並製
定価 1,600円+税
ISBN
978-4-909979-46-9   COPY
ISBN 13
9784909979469   COPY
ISBN 10h
4-909979-46-8   COPY
ISBN 10
4909979468   COPY
出版者記号
909979   COPY
Cコード
C0031  
0:一般 0:単行本 31:政治-含む国防軍事
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2023年6月14日
書店発売日
登録日
2023年3月10日
最終更新日
2023年6月2日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

元公安調査庁2部長にして
日本最強の「スパイ」と呼ばれたインテリジェンスが
日本人に贈る「最後のメッセージ」

中国、北朝鮮の核は日本人がつくった!

――「中国、北朝鮮、ロシア」の包囲網から
日本が生き残る道は、これしかない!

これが、最強インテリジェンスが見た
国際情勢の「リアルな情報」だ!

●ロシア・ウクライナ戦争は「日本有事」である
●「軍拡が戦争を招く」のウソ
●すでに前提が崩れている「非核三原則」
●1964年の東京五輪にぶつけられた中国の原爆実験
●日本の「核報復」を恐れるアメリカ
●GHQが驚嘆した日本の原爆開発レベル
●第9条があっても他国の戦争に巻き込まれる時代
●なぜ、中国は「台湾統一」をアピールし始めたのか
●「南北統一」がアジア有事の発火点となる
●「北朝鮮+アメリカ」vs.「韓国+中国」の時代へ

日本をとりまく状況は、まさに風雲急を告げると表現するにふさわしい。
日本列島の背後には、いま、二つの帝国主義が渦を巻かんとしています。
ひとつはウラジーミル・プーチンの新ロシア帝国主義。
もうひとつは習近平の新中華帝国主義です。
この二つの国とも核保有国だということは忘れてはなりません。

日本も自衛のための核を持つという議論も始まっていいはずです。
その実現には憲法改正以上の高いハードルが待っているでしょう。
本書の読者にも強い抵抗感があるかもしれない。
しかし、あえてその可能性に関して
読者とともに考えてみようと、本書を書きました。(「はじめに」より)

目次

第1章 「日本有事」としてのロシア・ウクライナ戦争
第2章 世界は「日本の核保有」を恐れている
第3章 中国、北朝鮮の核は日本がつくった
第4章 誰が日本の核保有を阻んでいるのか
第5章 宗教から読み解くロシア・ウクライナ戦争
第6章 インテリジェンスが見た戦争の「本当の勝者」
第7章 「アジア有事」から日本を守る方法

著者プロフィール

菅沼光弘  (スガヌマミツヒロ)  (著/文

東京大学法学部卒業後の1959年、公安調査庁入庁。入庁後すぐ、ドイツ・マインツ大学に留学、ドイツ連邦情報局(BND)に派遣され、対外情報機関の実情の調査を行う。帰国後、対外情報活動部門を中心に旧ソ連、北朝鮮、中国の情報収集に35年間従事。対外情報の総責任者である調査第2部長を最後に1995年に退官する。アジア社会経済開発協力会を主催しながら、評論活動を展開。主な著作に『この国を脅かす権力の正体』 (徳間書店)、『日本人が知らない地政学が教えるこの国の針路』(KKベストセラーズ)、『ヤクザと妓生が作った大韓民国』(ビジネス社)、『米中新冷戦時代のアジア新秩序』(三交社)、『元公安調査庁2部長が教える 「統一教会」問題 本当の核心』(秀和システム)などがある。2022年12月、永眠。

上記内容は本書刊行時のものです。