版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
障碍の児のこころ 田中千穂子(著) - 出版舎ジグ
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

不明

取引情報

取引取次:
トランスビュー     書店(直)
トランスビュー     八木     ト・日・他     書店
直接取引:あり

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

障碍の児のこころ (ショウガイノコノココロ) 新版 関係性のなかでの育ち (カンケイセイノナカデノソダチ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:出版舎ジグ
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ13mm
重さ 207g
184ページ
並製
価格 1,600円+税
ISBN
978-4-909895-05-9   COPY
ISBN 13
9784909895059   COPY
ISBN 10h
4-909895-05-1   COPY
ISBN 10
4909895051   COPY
出版者記号
909895   COPY
Cコード
C0011  
0:一般 0:単行本 11:心理(学)
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年10月7日
書店発売日
登録日
2021年7月29日
最終更新日
2021年9月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

知的な障碍のある子のこころは、「どうせわからないだろう」と扱われれば閉じてしまうけれど、わかろうとする人に語りたい、たくさんの気持ち、育てたい夢、豊かな物語がある。発達相談やプレイセラピーを通して、子どもたちの育ちに伴走してきた臨床心理士から、伝えたいこと。2007年初版の名著の復刊。

目次

はじめに
1 知的障碍のある子のこころ
2 自分に[ひけめ」を感じるときーー乳幼児期
3 他者との関係性のなかでー物語を紡ぐこと--児童期
4 思春期の到来 
5 自分らしく生きてゆきたい
おわりに
解題・この本がいまも生きているわけ(堀切和雅)

前書きなど

「障碍をもった子どもが成長してゆくとき、おそらくは自分はほかの人と同じではない、ということを含みこんで人間関係をつくってゆくのだろうと思います。彼らはどのような気持ちで成長してゆくのでしょう? 自分がほかの子と違うと気づくとき、思春期を迎えるとき……いったい彼らのこころや気持ちは、どんなふうになっっているのでしょうか。特に、知的な障碍のある子どもたちのこころについて、書かれた本はほとんどないようい思うのです。自分の子どもの気持ちでも、親にはわからないことが多いでしょう。ほかの子どもの例を読みながら、知的障碍のあるわが子のこころについて、親が落ちついて静かに考えることのできるようなエッセイを書いて下さい」私は編集者である堀切和雅さんに、このような依頼をうけました。
(中略)
私自身が何とかことばを用いてまとめることができた一部のケースだけを、ここに収めました。まだ、うまくことばにできないケースも、現在奮闘中のケースもたくさんあります。また、いつもここに描いたようなやりとりをしているわけではありません。何年も同じ内容が語られていた面接のある局面、ある瞬間に異次元の扉が開くように、すごい内容がポーンと飛び出してくることがあります。そういう出会いと関わりの断片の集積が、この本にあつめられているのです。(「はじめに」より)

版元から一言

本書は、2007年9月にユビキタ・スタジオ(編集人・発行人:堀切和雅)より初版が刊行された同タイトルの新装復刊です。
初版の編集者、堀切さんのエッセイを巻末に収めました。
そのエッセイ「この本がいまも生きているわけ」より、以下、抜粋します。
(前略)
「うまく……できない」
「ねえ」
「ねえ、どうしたらいい?」
 明るい笑いと興味津々の目。ふしぎな優しさのカーヴを描いた、そのときの口もと。そんな響しか見ていなかった。娘のこころを知ることを、願っていながら。
 この言葉を映像で聴いたことが『障碍の児のこころ』を田中先生に書いていただこうと希(ねが)ったことのひとつの伏線になっている。近しい者同士の心の見晴らしも、つなぐ人があって初めてひらける、ということもあるのだ。
 二〇二一年三月に刊行された『関係を育てる心理臨床』(日本評論社)のなかで、田中先生は心理療法家としての仕事を「ひと区切り」すると表明している。しかし「この年齢で区切るのですから、戻るという方向は見えにくいように思います」とも。患者との別れはもちろんだが、後進の若い心理療法家たちにも不安は残るだろう。そこで「誰かがタナカ先生に相談したくなった時」「手にとってもらえたら」「ちょっと元気が出てくる」ように私の身代わりの本として残していけたら、とも。
 『障碍の児のこころ』の再刊の計画を先生が喜んでくださったのは、ああ、そういうことだったのだ。この本はいま生まれたばかりの、あるいはこれから障碍と共に生まれてくる子どもたちにも、親たちにも社会にも、これからも届く。

著者プロフィール

田中千穂子  (タナカ チホコ)  (

臨床心理士。1954年生まれ。東京都立大学大学院文学研究科心理学専攻課程修了、文学博士。花クリニック精神神経科勤務(~2021年3月)、東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース教授(~2011年3月)、学習院大学文学部心理学科教授(~2021年3月)ほか歴任。著書に『母と子のこころの相談室』(医学書院、改訂新版:山王出版)、『ひきこもりの家族関係』(講談社+α文庫)、『心理臨床への手びき』(東京大学出版会)、『プレイセラピーへの手びき』『関係を育てる心理臨床』(日本評論社)ほか。

上記内容は本書刊行時のものです。