版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
泉鏡花の演劇 鈴木 彩(著) - 花鳥社
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
八木     ト・日・他     書店
直接取引:あり(自社)
返品の考え方: 返品はいつでも承ります。承諾書の了解者欄に「相川」と記してお返しください。(事前の承諾照会は必要ありません)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

泉鏡花の演劇 (イズミキョウカノエンゲキ) 小説と戯曲が交差するところ (ショウセツトギキョクガコウサスルトコロ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:花鳥社
A5判
272ページ
上製
定価 4,500円+税
ISBN
978-4-909832-65-8   COPY
ISBN 13
9784909832658   COPY
ISBN 10h
4-909832-65-3   COPY
ISBN 10
4909832653   COPY
出版者記号
909832   COPY
Cコード
C1095  
1:教養 0:単行本 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2023年1月20日
書店発売日
登録日
2023年2月2日
最終更新日
2023年8月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

日本文学史上に屹立する鬼才、鏡花。
小説の改作と脚色、鏡花作品にしかないユニークさと面白みを再発見!

小説と戯曲ないしは改作が、パラレルに共存する鏡花。原作となる小説と戯曲が文学作品として拮抗しあい、新しい生命を創造してゆく。その変幻自在な手法に鏡花の現代性を見る。

【鏡花生誕150年記念】

目次

凡例

序論
 一 原作者にして、脚色者

 二 〝アダプテーション研究〟と本書

 三 戯曲形式のテクストから鏡花をみる意義

第一部 作りかえる泉鏡花・作りかえられる泉鏡花
  *コラム1「〝語り〟の視点」
第一章 「かきぬき 白鷺の一二節」の機能──新派劇化に伴う語り手の変容について
 一 一人称・回想体小説の演劇化
 二 小説「白鷺」は誰に、何を語るのか
 三 原作を代替する試み
 四 物語の統括者から、劇中人物へ
 五 芸妓からの解放──〈白鷺〉の新たな展開──

第二章 「南地心中」と「鳥笛」「公孫樹下」の人物描写──お珊への眼差し
 一 視点人物「初阪もの」の消失
 二 〈執着する、人間ならざる女〉
 三 目に見えるもの/見えないもの
 四 観客という視点
  *コラム2 「「新派悲劇」と「鏡花物」」

第三章 新派劇〈婦系図〉と原作テクスト──「湯島の境内」を視座として
 一 原作者による書き改め
 二 意識される原作
 三 引用される原作
 四 お蔦の造形──「女房」と「味方」──
 五 主税の造形──「罪」の有無──

第四章 〈瀧の白糸〉上演史における「錦染瀧白糸」の位置
 一 「錦染瀧白糸」に対する従来の評価
 二 「欣弥妹」の物語
 三 新派劇〈錦染瀧白糸〉という文脈
 四 「欣弥妹」から「撫子」への変化がもたらす影響
 五 「錦染瀧白糸」「義血侠血」における白糸と欣弥の関係

第五章 原作「日本橋」のその先へ──「戯曲日本橋」の〝わかりやすさ〟の意義
 一 監修者としての泉鏡花
 二 「戯曲日本橋」は理解しやすい作品になったか
 三 怪異譚としての「日本橋」の可能性
 四 イメージの拡散から限定へ
 五 原作から新たな物語へ

第六章 伝説から「海神別荘」へ・「海神別荘」から歌劇へ
 一 「海神別荘」の過去と未来
 二 古典文学・伝説における人間の眼差し
 三 陸と海の価値観、その融合
 四 「愛」と「心」が導く共生
  *コラム3「現代の泉鏡花上演」

第二部 演劇が上演される場と泉鏡花
  *コラム4「再び〝語り〟の視点」

第七章 読者から観客へ──「水鶏の里」「深沙大王」が想定する受容者
 一 「深沙大王」に包含された「水鶏の里」
 二 読者には〈見えない〉領域──「水鶏の里」と語り手──
 三 戯曲の〈見えない〉領域──観客は何を目撃するか──
  *コラム5「〝演劇〟を観る場」

第八章 劇場空間と怪異──「陽炎座」が描く観劇体験──
 一 「劇場」は私たちに何を見せるか
 二 幕の裏に隠された異界
 三 拙い芝居を観ることの意味
 四 虚構が、虚構であることをやめる時
 五 物語の消費者への問い

第九章 「紅玉」が描く「見立て」と「真似」の力学
 一 「わが国初の野外劇」として
 二 二つの「自然」──装置と俳優──
 三 「見立て」と「真似」の論理
 四 人間にできること・観客と俳優にできること

第十章 反転する吉原の価値──「恋女房」における「人」と「魔もの」──
 一 〝幻想的戯曲〟の系譜と「恋女房──吉原火事──」
 二 「人」と「人」との対立
 三 「魔もの」との対立
 四 一つの対話と二つの物語
 五 吉原が焼かれる理由

 初出一覧
 あとがき
 要語索引

著者プロフィール

鈴木 彩  (スズキ アヤ)  (

1986年生、東京都出身。
慶應義塾大学大学院 文学研究科 国文学専攻後期博士課程単位取得退学。
博士(文学、慶應義塾大学)。
現在、愛知教育大学 国語教育講座 講師。

上記内容は本書刊行時のものです。