版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
クリスティーヌ クリスティーヌ・アンゴ(著/文) - アストラハウス
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天   書店
直接取引: なし

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

クリスティーヌ (クリスティーヌ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ25mm
256ページ
並製
価格 2,000円+税
ISBN
978-4-908184-49-9   COPY
ISBN 13
9784908184499   COPY
ISBN 10h
4-908184-49-6   COPY
ISBN 10
4908184496   COPY
出版者記号
908184   COPY
Cコード
C0097  
0:一般 0:単行本 97:外国文学小説
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2024年2月9日
書店発売日
登録日
2023年11月20日
最終更新日
2024年1月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加

受賞情報

2021年メディシス賞を受賞、ゴンクール賞ノミネート作品

紹介

【2021年 フランスメディシス賞受賞、ゴングール賞ノミネート作品】

実父による近親姦に苦しみ続けた少女は、どのように1人の女性として自己確立していったのか、その人生を描いた物語。

本書は、フランスの作家、劇作家で脚本家でもあるクリスティーヌ・アンゴの二十四作目の小説『Le Voyage dans l'Est』2021年刊の全訳である。

物語は十三歳になったクリスティーヌが初めて実の父親に会う日から始まる。憧れの父親にようやく娘として認知され、これからは普通の親子としての生活が始まると有頂天になるが、現実は想像とは全く別のものだった。自分の身に何が起きているのかを伝え、救い出してほしい気持ちとは裏腹に、母親にすら話すことができない。そして誰にも打ち明けられないまま、少女時代は過ぎていった……。
著者が綴るのは、クリスティーヌが苦しみ、トラウマを抱えて人生に絶望しながらも、どのように一人の女性として自己確立をしていったのか、その命がけの人生そのものである。

著者のアンゴも実父による近親姦からのサバイバーであり、デビュー作から一貫して女性に対する性的虐待をテーマに書き続けてきた。ただ、作中の「クリスティーヌ・アンゴ」は作者自身ではなく、本書はアンゴの自伝ではない。しかし、彼女の作風はあまりにも実体験と近接しており、作者と語り手を分離しにくいかもしれない。一つだけ強調しておきたいのは、アンゴにとって「近親姦の被害者」という「立場」と「実体験」は文学作品を生み出すための出発点に過ぎないということだ。
サバイバーのアンゴは「文学作品を書くこと」という手段で戦う。戦う相手は家族関係を破壊し、隷属の関係を強要する性的虐待者だけではない。それを見ないふりをし、セカンドレイプをする「社会」全体である。

目次

本文
解説
謝辞

著者プロフィール

クリスティーヌ・アンゴ  (クリスティーヌ・アンゴ)  (著/文

【著者】クリスティーヌ・アンゴ
作家、劇作家、脚本家。認知前の姓はSCHWARTZ(1959年2月19日フランス・シャトールー生まれ)。1990年に『Vu du ciel 空から見下ろして』(日本未訳)でデビュー。自らの体験に基づく実父との近親姦を主題にした『L' Inceste 近親姦』(1999年日本未訳)が反響を呼ぶ。以後、発表する作品は2005年にフランス・キュルチュール賞、2006年にフロール賞、2015年にデッサンブル賞そして2021年にフランス5大文学賞の一つであるメディシス賞を受賞し、アンゴは現代フランス文学を代表する一人となった。なお2013年にフランス政府から芸術文化勲章のオフィシエを受勲し、2023年2月からはゴンクール文学協会(通称アカデミー・ゴンクール)会員に選出されている。

西村 亜子  (ニシムラ アコ)  (翻訳

【翻訳】西村亜子
フランス文学翻訳家。慶應義塾大学修士課程及びパリ第三大学FLE修士課程修了。やさしいフランス語にリライトした『80日間世界一周』、『オペラ座の怪人』、『フランス語で楽しむ日本昔ばなし』シリーズ(いずれもIBCパブリッシング)の他、『ひとりで学べるフランス語会話』(高橋書店)、『謎が解けるフランス語文法』(共訳)などフランス語教育にも携わっている。

上記内容は本書刊行時のものです。