版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
人はなぜ過去と対話するのか 近藤 洋太(著) - 言視舎
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
ト|ニ|楽天   書店
弘正堂
直接取引: なし

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

人はなぜ過去と対話するのか (ヒトハナゼカコトタイワスルノカ) 戦後思想私記 (センゴシソウシキ)

文芸
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:言視舎
四六判
縦194mm 横136mm 厚さ18mm
重さ 320g
188ページ
上製
定価 2,200円+税
ISBN
978-4-905369-85-1   COPY
ISBN 13
9784905369851   COPY
ISBN 10h
4-905369-85-1   COPY
ISBN 10
4905369851   COPY
出版者記号
905369   COPY
Cコード
C0395  
0:一般 3:全集・双書 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2014年4月
書店発売日
登録日
2014年3月25日
最終更新日
2014年4月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

シリーズ続々刊行
「過去は死なない。過ぎ去ってもいない」
小山俊一、桶谷秀昭、田川建三、谷川雁、三島由紀夫、鮎川信夫、竹内好、吉本隆明。
それが書かれてから何十年経とうが、現時点でその思想家が著名であろうがなかろうが、生きつづけている思想はある。それはひとりの人間になにをもたらすのか? 思想と対話しつづける現場からの報告。

目次

▼「自己欺瞞」の構造~1972年 小山俊一ノート 
▼『革命的ロマンと倫理~1969年 桶谷秀昭ノート 
▼イエスの表情 ~1980年 田川建三ノート 
▼工作者の値札~1965年 谷川雁ノート 
▼空虚としての戦後~1970年 三島由紀夫ノート 
▼新宿というトポス~1982年 鮎川信夫ノート 
▼「戦争の二重構造」論~1952年 竹内好ノート 
▼戦争と聖書~1955年 吉本隆明ノート 
▼「超人間」という思想~1996年 吉本隆明ノート

前書きなど

「過去は死なない。過ぎ去ってもいない」
小山俊一、桶谷秀昭、田川建三、谷川雁、三島由紀夫、鮎川信夫、竹内好、吉本隆明。

版元から一言

シリーズ続々刊行
「過去は死なない。過ぎ去ってもいない」
思想と対話しつづける現場からの報告。

著者プロフィール

近藤 洋太  (コンドウ ヨウタ)  (

1949年福岡県生まれ。詩人・文芸評論家。詩集に『果無』『筑紫恋し』、評論集に『保田與重郎の時代』『<戦後>というアポリア』などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。