版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
東アジア考古学の新たなる地平 宮本一夫先生退職記念事業会(編) - 中国書店
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: 地方小
直接取引:あり(自社)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

東アジア考古学の新たなる地平 (ヒガシアジアコウコガクノアラタナルチヘイ) 宮本一夫先生退職記念論文集 (ミヤモトカズオセンセイタイショクキネンロンブンシュウ)

歴史・地理
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:中国書店
B5判
1009ページ
並製
価格 16,000円+税
ISBN
978-4-903316-77-2   COPY
ISBN 13
9784903316772   COPY
ISBN 10h
4-903316-77-7   COPY
ISBN 10
4903316777   COPY
出版者記号
903316   COPY
Cコード
C0020  
0:一般 0:単行本 20:歴史総記
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2024年3月9日
書店発売日
登録日
2024年3月8日
最終更新日
2024年4月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

論文56本。その分析対象地域は、日本のみならず、東アジアからユーラシア各地、アフリカにも及び、考古学と関連する諸分野や、現代社会における文化教育に関する論考など、内容も多岐にわたる。

目次

上巻
南部九州における縄文時代草創期土器編年とイベント・気候変動に関する覚書(桒畑光博)
九州における羽鳥下層Ⅱ・Ⅲ式土器の様相(倉元慎平)
長崎県壱岐市中尾遺跡出土石器群の分析(白石渓冴)
西平式土器の成立と展開(福永将大)
縄文農耕論の可能性(板倉有大)
新町遺跡出土人骨に見られる葬送行為の再検討(舟橋京子)
GISを用いた造墓環境の検討―九州北部弥生時代開始前夜の墓地を対象として(端野晋平)
十郎川技法からみた弥生時代初頭期―十郎川遺跡出土資料を対象に(梶佐古幸謙)
太形蛤刃石斧の出現とその意義―弥生時代開始期における両刃石斧の再検討(森貴教)
器種組成と製作技術からみた板付I式土器の成立とその特徴(三阪一徳)
韓半島と北部九州からみる、細形銅戈の変遷と用途について(藤元正太)
大隅半島における弥生時代の横口式土壙墓の系譜(石田智子)
西北九州における弥生時代後期の石庖丁製作(渡部芳久)
初期小形仿製鏡の意義(田尻義了)
北部九州弥生Ⅳ~Ⅴ期の二つの墓地にみる上位層の析出過程と「対抗/抵抗」―寺田池北遺跡と弥永原遺跡6次調査地点を事例として(溝口孝司)
東日本における弥生布生産の開始(小林青樹)
北部九州弥生土器の火山ガラスの評価―壱岐・原の辻遺跡出土土器を中心に(鐘ヶ江賢二)
土井ヶ浜遺跡1112号墓における集骨葬に関する人類学的研究(高椋浩史)
弥生~古墳時代中・四国地方出土イネの粒形質変異(上條信彦)
古墳時代開始過程の北部九州における布留系甕の地域性に関する一考祭(中野真澄)
玉類からみた吉武遺跡群樋渡地区木棺墓の位置づけ(谷澤亜里)
古墳時代前期の積石塚古墳における墳丘石材採取の具体的様相Ⅱ(梶原慎司)
須恵器出現期における土器の使用形態―山陰・山陽地域を中心に(岡田裕之)
居屋敷窯跡産須恵器の研究(三吉秀充)
鹿児島県の埋葬遺跡から出土する須恵器とその性格(大西智和)
古墳時代後期における横穴式石室の基準尺度に関する予備的検討―博多湾沿岸地域を対象として(辻田淳―郎)
嘉穂盆地と田川盆地の埴輪生産(三浦萌)

下巻
日本における古墳時代天井壁画からの考察(福田匡朗)
福島県いわき市後田1号墳出土陶棺の系譜とその意義―「日本列島最北の陶棺」をめぐって(絹畠歩)
静岡県西部における横穴墓の展開およびその形態の採用過程と集団関係(岩橋由季)
古墳時代の渡来人集団の特性と動態(重藤輝行)
「算木状木製品」小考(小田裕樹)
古代山口の銭貨生産(丸尾弘介)
九州大学箱崎キャンパス出土の戦時関連遺物(谷直子)
新岩里遺跡の性格―早期を中心に(崔鐘赫)
栄山江流域における鉄器生産・流通構造の変化とその背景―三国時代を中心に(金想民)
高麗陶器大型壺の消費に関する一様相―完形資料を中心に(主税英徳)
朝鮮時代地方民の特徴と葬送文化―金海仙池里遺跡事例を中心に(李ハヤン)
龍山文化期から商文化期にかけての調理具のサイズバリエーションの地域差―中国北方地域の資料を中心として(斉藤希)
紀元前千年紀の陶鬲製法について(冨宝財)
商代における地方型青銅器文化の東西差―江淮地域青銅器と城洋青銅器群を例として(譚永超)
草原地帯東部の鶴嘴形斧の変遷に関する諸問題(載玥)
春秋戦国時代山西中南部地域における青銅器生産体制復元のための基礎的検討(丹羽崇史)
吉林省通化市万発撥子出土銅釧からみた地域間交流(古澤義久)
宋代陶磁の評価と官窯の系譜に関する一考察(徳留大輔)
白沙屯遺跡における植物珪酸体の分析(李作婷)
台湾原住民の集団形成史に関する考古学的研究―宜蘭県淇武蘭遺跡の発掘調査から(陳有貝)
境界考古学の空間と移動―対馬と台湾の事例から(俵寛司)
台湾・日本統治時代における耐火煉瓦の動向(福本寛)
アルタイ山脈東麓における青銅器文化(松本圭太・Amglantugs Tsend・Ishtseren Lochin)
ストロンチウム同位体比分析に基づくモンゴル高原青銅器時代の人の移動(米元史織・足立達朗)
青銅器時代北モンゴリアにおける鹿石ヘレクス―ル文化担い手の人物像:ゴビ・アルタイ県ヒャル・ハラーチ遺跡1号および20号出土人骨を対象として(岡崎健治・米元史識・川久保善智)
ルチェイキⅡ群土器と紀元前2千年紀の極東東部(福田正宏)
ナミビア農牧社会における食事セットの分類:クラスター分析と二元指標種分析の比較(藤岡悠一郎)
文化遺産教育の現状と課題―ベトナム・ホイアン市を事例(主税和賀子)
学校ボランティア主体の学校博物館づくり―京都市立翔鸞小学校の事例研究(村野正景)

上記内容は本書刊行時のものです。