版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
日本樹木誌 2 日本樹木誌編集委員会(編) - 日本林業調査会
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|中|協和|日教販
直接取引: あり(その他)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

日本樹木誌 2 (ニホンジュモクシ ニ)

自然科学
このエントリーをはてなブックマークに追加
B5判
664ページ
上製
定価 10,000円+税
ISBN
978-4-88965-274-1   COPY
ISBN 13
9784889652741   COPY
ISBN 10h
4-88965-274-4   COPY
ISBN 10
4889652744   COPY
出版者記号
88965   COPY
Cコード
C0061  
0:一般 0:単行本 61:農林業
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2023年8月25日
書店発売日
登録日
2023年8月5日
最終更新日
2023年8月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

日本の樹木に関する知見を集大成するシリーズの第2弾。2009年7月に第1弾(『日本樹木誌 1』)を刊行して以降、大変長らくお待たせしてしまい申し訳ございませんでした。『日本樹木誌 2』では、32種の樹木について解説し、最新の分布図も収録しています。

目次

『日本樹木誌 2』の発刊に寄せて(中静 透) 1
「日本樹木誌」の編集方針について 3

アカガシ(岡本素治) 31
 1.種の概要 31
  1.1.生活型 31
  1.2.分類・系統 31
 2.形  態 32
 3.繁  殖 32
  3.1.繁殖器官 32
  3.2.結実過程と散布 33
  3.3.発  芽 34
 4.自然林の分布と立地 34
  4.1.分布の概要 34
  4.2.アカガシ林の水平・垂直分布と気候条件 34
  4.3.地  形 35
  4.4.土  壌 35
 5.更  新 36
  5.1.天然林における更新 36
  5.2.萌  芽 37
 6.成  長 37
 7.管  理 38
 8.被害要因 39
 9.利  用 39
 付記.葉の姿勢に関する考察 40

アカシデ(柴田銃江) 45
 1.種の概要 45
 2.分類系統、生物地理 45
 3.生育地 46
 4.群集内の位置、撹乱依存性 46
 5.生活史 47
 6.管理・造林 50
 7.利  用 51

アカメガシワ(山川博美) 57
 1.種の概要 57
 2.生活型および形態 58
 3.生育地と群集内の位置 59
 4.生活史 61
 5.成  長 64
 6.管  理 66
 7.利  用 66
 8.民  俗 67

アズキナシ(正木 隆・河原崎里子) 73
 1.はじめに 73
 2.分  類 73
 3.変種・交雑種 73
 4.生活型 75
 5.森林群集におけるアズキナシの位置づけ 75
 6.生育地 77
 7.繁殖・更新 79
 8.生理生態 80
 9.直径と樹高の成長 81
 10.管  理 83
 11.被  害 84
 12.利  用 84

イイギリ(永松 大) 95
 1.種の概要 95
 2.分類と系統 95
 3.形  態 96
 4.生育地 96
 5.群集内の位置 98
 6.繁殖・更新 98
 7.成長とフェノロジー 104
 8.管  理 105
 9.利  用 105

イスノキ(垰田 宏) 111
 1.種の概要 111
 2.形  態 112
 3.生育地 113
 4.群落および群落内の位置づけ 115
 5.繁殖と更新 119
 6.成  長 122
 7.管  理 123
 8.被害要因 125
 9.利  用 126
 10.植物文化 129

イヌガシ(名波 哲) 139
 1.名前の由来 139
 2.形  態 139
 3.群集内の位置 140
 4.生育地 141
 5.繁殖・更新 141
 6.成  長 143
 7.管  理 147
 8.被害要因 147
 9.利  用 148

ウワミズザクラ(八木貴信) 151
 1.新緑に映える白い尻尾状の花序 151
 2.樹種の概要:生活形と分布 152
 3.系統分類 152
 4.森林群集の中での位置づけ 154
 5.生活史特性 159
 6.成  長 161
 7.動物・菌との相互作用 171
 8.利用・民俗 173

オガサワラグワ(河原孝行・谷 直樹・吉丸博志) 187
 1.種の概要 187
 2.分  布 189
 3.立地と群集 190
 4.生  態 191
 5.遺  伝 193
 6.管  理 196
 7.病虫害 198

オニグルミ(木村 恵) 201
 1.種の概要 201
 2.生活型 202
 3.種の分布・生育地 203
 4.群集内の位置と個体群の構造 203
 5.生活史 203
 6.成  長 207
 7.管  理 208
 8.遺  伝 209
 9.被  害 210
 10.利  用 211

カツラ・ヒロハカツラ(久保満佐子・大住克博) 217
 1.種の概要 217
 2.歴史と系統 218
 3.形  態 219
 4.生育地 221
 5.生活史 225
 6.管  理 234
 7.利  用 236
 8.植物民俗 236

キハダ(小谷二郎) 245
 1.種の概要 245
 2.生活型 245
 3.群集内での位置 246
 4.生育地 247
 5.繁殖・更新 249
 6.成  長 251
 7.管  理 254
 8.被  害 259
 9.利  用 261

シデコブシ(石田 清) 269
 1.種の概要 269
 2.分類と歴史 270
 3.湿地と結びついた群集内の位置 273
 4.シデコブシの分布 276
 5.繁殖と更新 278
 6.成  長 285
 7.保  全 288
 8.園芸的利用 293

シナノキ・オオバボダイジュ(林田光祐・大谷博彌) 301
 1.種の概要 301
 2.分布と生育地 302
 3.繁殖・更新 304
 4.成  長 307
 5.管  理 309
 6.遺  伝 312
 7.被害要因 312
 8.利  用 313
 9.民  俗 313

シラカンバ(真坂一彦) 319
 1.種の概要 319
 2.分布と生育地 319
 3.群集内の位置 321
 4.生活史 322
 5.管  理 335
 6.遺  伝 339
 7.被害要因 339
 8.利用と花粉症 342
 9.植物民俗 344

ダケカンバ(沖津 進・横井秀一・大住克博) 353
 1.種の概要 353
 2.分  類 354
 3.生活型と形態 358
 4.群落内の位置 361
 5.生育地 363
 6.個体群 369
 7.繁殖・更新 371
 8.成  長 373
 9.施  業 377
 10.保  全 380
 11.被害要因 380
 12.利  用 381

ツクバネガシ(前迫ゆり) 391
 1.種の概要 391
 2.生育地 393
 3.群  集 395
 4.繁殖・更新 397
 5.成  長 402
 6.管  理 403
 7.利  用 407
 8.植物民俗 407

ハイノキ・クロバイ(伊東宏樹) 413
 1.種の概要 413
 2.生活型 414
 3.群集内の位置 415
 4.生育地 416
 5.繁殖・更新 418
 6.成  長 421
 7.管  理 422
 8.被害要因 422
 9.利  用 423
 10.植物民俗 423

ハナガガシ(伊藤 哲) 429
 1.種の概要 429
 2.生活形・形態 429
 3.生育地 431
 4.群落内の位置 435
 5.繁殖・更新 436
 6.成  長 438
 7.遺伝的多様性 440
 8.管  理 441
 9.利  用 442

ハリギリ(飯田滋生) 447
 1.種の概要 447
 2.生活型 448
 3.群集内の位置 448
 4.分  布 449
 5.繁  殖 451
 6.更  新 454
 7.成  長 456
 8.管  理 457
 9.被害要因 460
 10.利  用 461
 11.植物民俗 462

ヒメシャラ・ヒコサンヒメシャラ(鈴木和次郎) 469
 1.種の概要 469
 2.形  態 470
 3.分類と系統 471
 4.生育地 472
 5.群集と個体群 472
 6.生活史 475
 7.育成と管理 476
 8.利  用 478

ミヤマカワラハンノキ(長谷川幹夫) 481
 1.種の概要 481
 2.分布および群集内の位置 481
 3.繁殖と更新 482
 4.成  長 485
 5.育成と管理 489
 6.利用と民俗 492

ヤチダモ(山本福壽) 495
 1.種の概要 495
 2.生育地 495
 3.繁殖と更新 498
 4.成  長 500
 5.管  理 507
 6.保  護 508
 7.利  用 510

ヤブツバキ・ユキツバキ(真鍋 徹) 515
 1.種の概要 515
 2.分布および群集内の位置 517
 3.生活史 519
 4.管  理 524
 5.被  害 525
 6.利  用 526
 7.植物民俗 528

ヤマザクラ(勝木俊雄) 535
 1.種の概要 535
 2.生育地 539
 3.生活史 541
 4.管  理 543
 5.遺  伝 545
 6.被  害 547
 7.利  用 549

ユビソヤナギ(菊地 賢・鈴木和次郎) 557
 1.種の概要 557
 2.発見史 557
 3.形  態 558
 4.分類と系統 560
 5.生育地 561
 6.群  集 564
 7.生活史 565
 8.利用と管理 567
 9.保  全 568

リュウキュウコクタン(谷口真吾) 573
 1.種の概要 573
 2.カキと黒檀の仲間 573
 3.形  態 577
 4.生育地 578
 5.繁  殖 579
 6.更新と成長 587
 7.管  理 588
 8.被害要因 591
 9.利  用 591

日本樹木誌史的考察(渡邊定元) 597
 Ⅰ 樹木誌の史的考察 597
 Ⅱ 技術革新と樹木誌研究の視座 615

分布図(渡邊定元・河原孝行・松井哲哉・設楽拓人) 629

前書きなど

●『日本樹木誌 2』の発刊に寄せて
 最初に、『日本樹木誌』の第2巻の発刊を喜ぶとともに、編集のご努力に敬意を表したい。
 日本の森林の約半分を占めるのは人工林で、それを構成する樹種はせいぜい10種くらいに限られる。工業原料として利用する場合には、品質や規格のそろった材料が大量にあるほうがよい。しかし、日本の樹木は全体で約1,200種あると言われており、そのそれぞれが個性ある形態的・生態的特徴と生活史をもち、それらを日本人は上手に利用してきたという歴史もある。この本で紹介されているのは、それぞれの樹種がいかに多様な性質を持っているかであり、それらの情報を活かして利用することが、最も有効かつ価値の高い利用方法につながるはずであるし、持続可能な森林利用には、まさにそれが求められている。
 とはいえ、まだまだ個々の樹種に対する情報は限られている。前巻で31種、この巻で32種、合計63種の樹木が紹介されているが、まだ日本の樹木全体の5%しかカバーできていない。これらの樹種を、森林総合研究所の林業・林産関係国内文献データベースで検索しても、15,000件を超える論文がヒットする樹種もあれば、ほとんどヒットしない樹種もある。これまで有用樹として使われてきた樹種に関しては情報も多いし、絶滅危惧や希少だと考えられている樹種に関しては、特に最近の文献が増えている。また、研究を行う時には、その樹種の分布なり、生態なり、材質なりという一面的な研究が多くなるため、文献が多ければカバーする分野や内容も広くなる。特に、生活史や更新特性のように時間をかけて追跡する必要のある情報は限られる。結局、これら多様な種を含んだ森林の持続可能な利用を考えるうえでは、まだまだ情報は足りないというのが偽らない現状だと思う。
 しかし、この本が目指しているように、それぞれの樹種の多面的な性質を統合的に知ることは、データベースを用いた単純な分析を超えて、利用や保全に関する多くの示唆や洞察を与えてくれる。編者には対象樹種と特にかかわりの深い著者を選んでいただいていて、その経験や思い入れも含めた貴重な記述が文献情報の少なさをカバーしていると思う。新しい研究や利用方法に関する多くのひらめきを与えてくれる著作だと考えている。
2023年8月
森林研究・整備機構理事長 中静 透

版元から一言

牧野富太郎にも読ませたい!

上記内容は本書刊行時のものです。