版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
希望なき時代の希望 ジョン・ホロウェイ(著/文) - 同時代社
.
詳細画像 0
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文メール:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
ト・日     書店
直接取引:なし

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

希望なき時代の希望 (キボウナキジダイノキボウ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:同時代社
四六判
価格 3,000円+税
ISBN
978-4-88683-945-9   COPY
ISBN 13
9784886839459   COPY
ISBN 10h
4-88683-945-2   COPY
ISBN 10
4886839452   COPY
出版者記号
88683   COPY
Cコード
C0036  
0:一般 0:単行本 36:社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2023年5月25日
書店発売日
登録日
2023年4月11日
最終更新日
2023年5月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

『増補修訂版 権力を取らずに世界を変える』(同時代社)から約20年、現代資本主義に対する妥協のない批判を続けるマルクス主義哲学者、ジョン・ホロウェイの待望の三部作最終章。その叛逆心はいささかの衰えもない。コロナ・パンデミックと顕在化された金融危機、利益追求のための環境破壊、なくならない人種差別や性差別、拡大する不平等、核戦争の危機――。本書は「絶滅行きの列車」を止めろ! と最初から最後まで訴え続けている。いま正しく絶望することから希望が始まると。存在している世界から生成する世界へ。自らの内に潜在している〈いまだないもの〉を見つけ出す力を提示する。

目次

序 列車を止めよう

PARTⅠ 怒り-希望-豊かさ

1 今日、そしてどんな日にも
2 再出発しよう 恐怖からではなく希望から始めよう
  貯め込むことからではなく溢れ出させることから始めよう
3 より良い方法として、対立から、闘争から始めよう
4 苦悩から、ヤヌスから始めよう
  まだ足りない! から始めよう
  私たちが倒さなければならないヒドラから始めよう

PARTⅡ 私たちは希望を学び直さなければならない

5 今こそ希望を学び直す時である
6 希望を学ぶとは希望を考えることを学ぶことである
  ドクタ・スペスということ
7 希望はアイデンティティを乗り越えて進んでいく
8 私たちの希望は叫びから始まる
  欠乏から始まるのではない
9 叫びは私たちを否定の方向へ導く
10 否定思想を超える
  内において・対抗し・乗り越えることを考える

PARTⅢ 歴史的であるということ

11 対抗する希望は歴史的であることに根ざしている
12 歴史的であるということは史的唯物論を意味しない
13 私たちを破滅に向かわせる列車という大きな物語がある
  その物語は破棄されなければならない

PARTⅣ 主体

14 希望は犠牲のためにあるのでも英雄のためにあるのでもない
15 豊かさこそ革命的な主体である
16 潜在している豊かさに耳を傾けよう
17 あらためて耳を傾けよう
  もっと深いところに潜在しているものがある
18 すべてをひっくり返して
  資本家に同情してみよう

PARTⅤ 客体 : 貨幣

19 希望は客体に対抗する主体の運動である
  束縛に対する打破
20 破滅への連鎖を断ち切るのは難しい
21 束縛の弱点は、諸形態の間のつながりにではなく
  各形態内部の拮抗にある
22 束縛を解く : 革命を革命する
23 商品に抗する豊かさ
  世界は二つの道に直面している

PARTⅥ 希望を考え、危機を考える

24 希望の理論に必要とされているのは
  希望が対抗しているものの弱点や危機の理解である
25 危機は資本に内在している
26 危機から再編へ、あるいは再編失敗へ
  これが資本の「命がけの跳躍」なのだ

PARTⅦ 先送りされた危機

27 希望は貨幣のヒドラに立ち向かう
28 貨幣が支配している
  貨幣はわれわれ全員を滅ぼす連続殺人犯だ
29  今日の資本はますます架空のものとなっている
   貨幣は病んでいる
30 私たちは貨幣の危機の主体なのだ
31 災厄の先送りは、政治経済学の中心的な原則である
   金本位制の放棄は、暴徒支配への道を開く
32 戦争は資本の黄金時代を作り出した
  その危機は金と貨幣の結びつきを断ち切った
33 ボルカー・ショック
  健全な貨幣を強いる最後の試み
34 ブラックマンデー  負債が急増する
35 貨幣と価値の間にある裂け目は広がりつづけている
  一連の心臓発作
36 資本の脆弱性は二〇〇七/二〇〇八年の金融危機で爆発した
  二回目の心臓発作?
37 嵐は地平線上にある 次は火だ
38 嵐が破壊する コロナ危機
39 大いなる脆さは深まる

PARTⅧ 結末を求める書物 ハッピーエンドを求める希望

40 容器は収納できない
41 われわれは暴徒-豊かさ-抵抗-叛逆である
42 怒りから尊厳ある怒りへ 憤怒から憤怒の尊厳へ
43 豊かさを解放せよ!
44 まだ足りない


訳者あとがき
参考文献

著者プロフィール

ジョン・ホロウェイ  (ジョン ホロウェイ)  (著/文

社会学・哲学・政治学者。1947年、アイルランドのダブリンに生まれる。エディンバラ大学に学び、政治学で博士号を取る。同大学教授などを経て、現在はメキシコのプエブラ自治大学社会人文科学研究所教授。メキシコのサパティスタ運動、アルゼンチンのピケテーロス運動などの民衆運動に実践的・理論的に関与し、世界社会フォーラムで活躍。アントニオ・ネグリ、マイケル・ハートと並び称される反権力(アンチパワー)思想家。著書はほかに『増補修訂版 権力を取らずに世界を変える いま革命の意味するもの』(大窪一志・四茂野修訳、同時代社)、『革命 資本主義に亀裂を入れる』(高祖岩三郎・篠原雅武訳、河出書房新社)、Zapatista! Rethinking Revolution in Mexico(『サパティスタ! メキシコ革命再考』)、Open Marxism: Emancipating Marx(『開かれたマルクス主義 マルクスを解放する』)、Negation(『否定』)[ともに共著]などがある。

大窪 一志  (オオクボ カズシ)  (翻訳

1946年神奈川県生まれ。東京大学文学部哲学科卒業。筑摩書房、日本生協連広報室などの編集者を経て著述業。『アナキズムの再生』(にんげん出版)、『「新しい中世」の始まりと日本 融解する近代と日本の再発見』(花伝社)、『素描・1960年代』〔共著〕、『アナ・ボル論争』〔編著〕、グスタフ・ランダウアー『レボルツィオーン 再生の歴史哲学』『懐疑と神秘思想』〔訳〕、『相互扶助の精神と実践 クロポトキン「相互扶助論」から学ぶ』、『脱近代の自由 いまそこにある自由をつかめ』(以上、同時代社)などの著書・訳書がある。

四茂野 修  (ヨモノ オサム)  (翻訳

1949年東京都生まれ。東京大学文学部哲学科中退。動労本部に就職して労働運動に従事、JR東労組、JR総連役員を歴任。2019年まで国際労働総研理事。著書に『「帝国」に立ち向かう』(五月書房)、『甦れ! 労働組合』(社会評論社)『評伝 松崎明』(同時代社)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。