版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
お金の戦略 久野康成(著/文) - TCG出版
..
【利用不可】

書店員向け情報 HELP

お金の戦略 (オカネノセンリャク) 創業26年 たった1人で始めた会計事務所が純キャッシュ31億円を貯めた仕組み

ビジネス
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:TCG出版
A5判
重さ 300g
248ページ
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-88338-718-2   COPY
ISBN 13
9784883387182   COPY
ISBN 10h
4-88338-718-6   COPY
ISBN 10
4883387186   COPY
出版者記号
88338   COPY
Cコード
C0034  
0:一般 0:単行本 34:経営
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2024年3月6日
最終更新日
2024年3月6日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

1998年、たった1人で始めた会計事務所が、わずか26年で純キャッシュ31億円もの大金を貯めることができた。起業から平均すると1年あたり1億円超の貯金。それを可能にしたのは、著者が公認会計士として培ってきた「お金の戦略」によるものだった!「理論編」「実践編」と二部構成からなる本書では、お金を貯めるのみならず、「強い会社」づくりに欠かせない仕組みも解き明かす。経営者なら知っておきたい「お金の戦略」。

目次

プロローグ 「大きな会社」ではなく、「強い会社」を作る
第一部 お金の戦略 理論編
第一章 賃借対照表(BS)が強い会社を作る
01.「強い会社」、「大きい会社」、「儲かる会社」どれを目指すべきか?
02.お金の流れでビジネスを理解する
03.「強い会社」か「弱い会社」かは、BSに表れる
04.「強い会社」のBSはどうなっているのか?-業界分析-
05.自社は「強い会社」なのか?
 [コラム]良い節税と悪い節税
06.お金を貯めることのメリット・デメリット
07.どうやってお金を増やしていくか?
08.創業時からどれだけお金を貯めてきたか?
09.目指すべき「強い会社」
 [コラム]節税するから会社が成長しない-節税トラップ-
第二章 投資と回収でキャッシュフローを考える
01.ビジネスは投資から始まる!
02.ビジネスとお金 ~投資と回収~
03.利益とキャッシュは違う!
04.キャッシュフロー計算書はBSから作られる
05.有名企業のキャッシュフロー計算書を見てみよう
06.キャッシュフローを改善してお金を生み出す方法
第三章 PLの企画:P(価格戦略)×Q(販売戦略)
01.利益が「強い会社」をつくる源泉
02.「大きい会社」を目指すと「儲かる会社」にならない!
 [コラム]社歴の長い企業は、知らない間に衰退産業になっている
03.売上=単価×数量 -単価が利益率を決める!-
04.「儲かる会社」を作るためにはPL分析から始めよ!
05.会社の命運を分ける「損益分岐点」とは?
06.どこから着手すれば効率的に利益が増えるのか?
07.有名企業のPLを分析してみよう
08.「強い会社」をつくるBS・CF・PL 3つの重要な要素
第二部 お金の戦略 実践編
第四章 経営問題の全ては、数字に表れる
01.数字は結果に過ぎない -与えたものが得たもの-
 [コラム]君の信条は何か?
02.価値循環モデル
 [コラム]哲学を持つ意味
 [コラム]「楽」をしたいのか、「楽しく」生きたいのか?
03.有能な個人集団は、必ずしも有能な組織ではない
04.アダム・スミスのピン工場
05.有能な組織とは何か?
06.分業は「やりたいこと」ができない -人間の機械化-
07.組織には「共通の目的」となる経営理念が必要
 [コラム]球拾い
 [コラム]会社を大きくしたくない経営者
08.社員の「働く理由」と経営理念 -3人の石切職人-
09.社員のためには「ビジョン」が必要
10.生産性の増大が競争を生み「差別化戦略」が必要となった
11.多能工の真の仕事は、組織のプロセスを見直すこと
12.経営者の真の仕事は何か? -「強い会社」にするための4つの役割-
第五章 強い会社は、中期事業計画から作る
01.事業計画作成の第一歩は「課題化」から始める
02.課題化に成功する会社・失敗する会社
 [コラム]現実を理想に近づける会社、理想が現実に引っ張られる会社
03.予算は「成長期」に作られ、中期事業計画は「成熟期」以降に作られる
04.達成される事業計画の3つの要件
05.予算策定のトラップ
06.理想を描くことはリーダーシップの問題
07.会社は今、どの状態にあるのか? -事業ライフサイクル-
08.4つの時代と2つのイノベーション -起業家クワドラント-
 [コラム]大野耐一氏に学ぶ標準化の本質
09.二兎を追う経営 -両利き経営の重要性-
 [コラム]両利きの経営 -私のケース-
10.キャッシュフローとプロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM)
11.イノベーションはミドルマネジメントがカギを握る!
 [コラム]地域密着型をベンチャー型と組み合わせて差別化した
12.戦略の3つのコンセプト
13.失敗が許される文化とは?
 [コラム]事業計画書は部下が作って発表会をする
14.事業計画の作り方
15.久野式8マス利益計画書 -2か年予算-
16.計画を実行に移すための成果の方程式 -戦略は仮説に過ぎない-
第六章 経営は「実践」が全て
01.戦略は、仮説に過ぎない -実行されない戦略は絵に描いた餅-
02.成功の大半は、組織ではなく戦略の問題
03.組織とは、戦略を実行するための仕組み
04.頭では分かっているのに実行できない
05.社員の自主性・主体性を重視し、仕組化が先送りされる -社長のトラップ-
 [コラム]雨が降っても自分のせい
 [コラム]私の会社は、標準化できるような業務ではない
06.PDCAは、「A」でストップする -社員のトラップ-
07.標準化のトラップ
08.個人ではなく、チームで解決する
 [コラム]改革はクロスファンクショナルチームで行う
09.財務と行動をリンクさせるROA経営
10.ボトルネックを抽出する
11.ボトムアップ経営は、仕組化されたマネジメント
12.2つのイノベーション -金をかけるな、社運をかけろ-
13.2つの会議による実践の仕組化 -戦略会議-
14.2つの会議による実践の仕組化 -進捗会議-
第七章 教育システムとしての久野式評価制度
 [コラム]ドラッカーが目指したMBO
01.教育システムとしての評価制度
02.財務と評価制度を結びつける
03.財務と評価をリンクさせる総額賃金管理
04.評価を通じた教育システム
05.3つのフィードバック -昇進・昇給・賞与-
06.経営理念の実践を仕組化する
07.久野式評価制度と利益を出すためのPDCAサイクル
08.社員自身が昇給の正当性を証明する
09.「人」を育てるのではなく「人が育つ仕組み」を育てよ
 [コラム]「何をしたか」ではなく「何をしていないか」
10.すべてを統合するインテグラル理論
 [コラム]成功さえも”試練”である
エピローグ お金を貯めることは、正当化されるのか?

著者プロフィール

久野康成  (クノヤスナリ)  (著/文

久野康成公認会計士事務所所長
株式会社東京コンサルティングファーム 代表取締役会長
東京税理士法人統括代表社員
公認会計士 税理士
1965年生まれ。愛知県出身。1989年滋賀大学経済学部卒業。1990年青山監査法人プライスウオーターハウス(現・PwC Japan有限責任監査法人)入所。
クライアントの真のニーズは「成長をサポートすること」であるという思いから監査法人での事業の限界を感じ、1998 年久野康成公認会計士事務所を設立。営業コンサルティング、IPOコンサルティングを主に行う。
現在、東京、横浜、名古屋、大阪、インド、中国、香港、タイ、インドネシア、ベトナム、メキシコほか世界26カ国にて経営コンサルティング、人事評価制度設計及び運用サポート、海外子会社設立支援、内部監査支援、連結決算早期化支援、M&Aコンサルティング、研修コンサルティング等業務を展開。
著書に『できる若者は3年で辞める!』『国際ビジネス・海外赴任で成功するための賢者からの三つの教え』『海外直接投資の実務シリーズ』『中小企業のための戦略策定ノート』ほか多数。

上記内容は本書刊行時のものです。