版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
俯瞰する知 原島博講義録シリーズ 原島 博(著/文) - 工作舎
..
詳細画像 0
【利用不可】

書店員向け情報 HELP

俯瞰する知 原島博講義録シリーズ (フカンスルチ ハラシマヒロシコウギロクシリーズ) 巻次:巻1 情報の時代を見わたす (ジョウホウノジダイヲミワタス)

全集
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:工作舎
A5変型判
重さ 390g
264ページ
定価 2,600円+税
ISBN
978-4-87502-563-4   COPY
ISBN 13
9784875025634   COPY
ISBN 10h
4-87502-563-7   COPY
ISBN 10
4875025637   COPY
出版者記号
87502   COPY
Cコード
C1300  
1:教養 3:全集・双書 00:総記
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2024年4月
書店発売日
登録日
2024年3月7日
最終更新日
2024年4月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

情報技術の通史を一望し、コンピュータと近代の歴史、さらには人類の文明の変遷を重ね見る「俯瞰知」により情報社会の問題点に向き合い、未来をデザインする方法を探る。知の旅を巡る第1巻。

目次

第1講 情報の時代はいかにして到来したのか
1 まずは情報の時代の前史を大急ぎで
2 電気的な手段を用いた情報メディアの発展
3 80年代半ばに情報メディアが融合した
4 その頃、原島研究室では
5 21世紀になって情報メディアは大きく発展した
6 まとめ―いま面白い時代になりつつある

第2講 コンピュータの過去・現在・未来を10年単位で俯瞰する
1 まずは今回の問題意識から
2 コンピュータの誕生と成長―まずは1980年代前半までの歴史
3 コンピュータのパラダイムシフト―80年代と90年代
4 パラダイムシフトは60年代から準備されていた
5 こうしてコンピュータは環境となった
6 21世紀になって情報文化が花開いた
7 人工知能によって情報技術は新たな時代へ
8 まとめ―コンピュータはまだまだ進化する

第3講 コミュニケーション技術の進化を100年単位で俯瞰する
1 今回の問題意識
2 100年後は予測できるのか
3 19世紀と20世紀を振り返る
4 技術には旬があった
5 なぜ技術の旬があるのか
6 情報革命の時代へ
7 情報革命は歴史にどう位置づけられるのか
8 まとめ―インターネットが世界を変えようとしている

第4講 情報文明を1000年単位で歴史に位置づける
1 500年後の歴史書に記されること
2 21世紀のシミュレーション
3 地球環境問題はなぜ起きたか
4 人類の過去の歴史に学ぶ
5 次は宇宙の時代か
6 情報新大陸の可能性
7 情報新大陸にって近代を乗り越えられるのか
8 時代の応急手当ではなく抜本的な体質改善
9 まとめ―ホップ・ステップ・ジャンプで次の時代

第5講 情報社会は本当に人を幸せにするのか
1 いつからこのような問題意識を持っていたのか
2 便利さを再検証する
3 ネットは匿顔のコミュニケーション社会
4 メディアが生み出す新たな人類
5 便利で魅力的なメディアは何をもたらすか
6 最後に―優しさの再検証

第6講 情報技術の発展と人類の未来を展望する
1 いまの延長としての発展シナリオ
2 人工知能がもたらすかもしれない近未来
3 近代の延長でない第三の未来シナリオ
4 生活者革命をもたらす情報技術
5 まとめ―人間復興によって新しいルネサンスへ

補講 そもそも情報とは何なのか――改めて考える

著者プロフィール

原島 博  (ハラシマ ヒロシ)  (著/文

東京大学名誉教授。2009年3月、東京大学を定年退職。2011年6月から原島塾を毎月開催。2024年2月に150回を迎える。 ヒューマンコミュニケーション工学、「人間と人間の間のコミュニケーションを技術の立場からサポートする」ことを専門として、この立場から1995年には「日本顔学会」を設立、「顔学」の構築と体系化に尽力した。
理系と文系さらには科学と文化・芸術を融合した新しい学問体系の構築に関心を持ち、文化庁メディア芸術祭審査委員長・アート部門審査員、グッドデザイン賞(Gマーク)審査員をつとめた。

主な編著書に、『情報と符号の理論』(共著、岩波講座情報科学4 1983)、『人の顔を変えたのは何か』(共著、Kawade夢新書 1996)、『顔学への招待』(岩波科学ライブラリー 1998)、『感性情報学』(監修、工作舎 2004)、『顔の百科事典』(編集委員長、丸善出版 2015)、『信号解析教科書』(コロナ社 2018)、『信号処理教科書』(コロナ社 2018)、『ビジュアル顔の大研究』(監修、丸善出版 2020)など。

上記内容は本書刊行時のものです。