版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
マイケル・ブレッカー伝 ビル・ミルコウスキー(著/文) - DU BOOKS
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
ニ|楽天|鍬谷   書店
JRC|松沢
直接取引: なし
返品の考え方: 了解返品になります。

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

マイケル・ブレッカー伝 (マイケル・ブレッカーデン) テナーの巨人の音楽と人生 (テナーノキョジンノオンガクトジンセイ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:DU BOOKS
A5判
472ページ
価格 3,200円+税
ISBN
978-4-86647-193-8   COPY
ISBN 13
9784866471938   COPY
ISBN 10h
4-86647-193-X   COPY
ISBN 10
486647193X   COPY
出版者記号
86647   COPY
Cコード
C0073  
0:一般 0:単行本 73:音楽・舞踊
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2022年12月1日
最終更新日
2023年10月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

夭逝の巨人、全記録。
ポール・サイモン、スティーリー・ダンほか参加作品数は900枚超。
ジャズのみにとどまらず八面六臂の活躍をみせたテナーサックス奏者の超絶技巧プレイの秘密とは。

人生の中で、実際の演奏を見ることが叶わなかったアーティストが2組いる。ひとつはアース・ウインド・アンド・ファイア(オリジナル・バンド)で、もうひとりがこのマイケル・ブレッカーだ。小さい頃から憧れ、彼の音色に魅了され続けてきた。この本をきっかけに少しでもマイケルに実際に会えたような気分になれたら良いな、と密かに期待している。
――挾間美帆さん(ジャズ作曲家)

僕がサックスを始めた時、最初に手にしたのはアルトでした。そしてテナーに転向を決めたきっかけは間違いなくマイケル・ブレッカーです。
初めて〈African Skies〉を聴いた時は衝撃的でした。以後、様々なジャンルで変幻自在に奏でる圧倒的なプレイや、独特の世界観を持つ名曲の数々を生み出したマイケル・ブレッカーは紛れもなく僕のサックス人生のルーツです。
――馬場智章さん(サックス奏者)


■ ブレッカー・ブラザーズ、ステップス・アヘッドで一世を風靡したテナーサックス奏者マイケル・ブレッカーの伝記。
■ 序文は兄ランディ(ブレッカー・ブラザーズ)が寄稿。
著名人/ミュージシャン/家族ら計100名超にも及ぶインタビューを基に、
不世出の天才を育んだ幼少期・学生時代の話から57歳での早すぎる死までを描く。
■ 登場ミュージシャンはハービー・ハンコック、パット・メセニー、ジャコ・パストリアスほか
ジャズ界の名プレイヤーをはじめ、ポール・サイモン、ジョニ・ミッチェル、ジェイムス・テイラーなどポップスのアーティストまで。
■ クリス・ポッター、ジョー・ロヴァーノ、ボブ・レイノルズ等々の
音楽仲間が故人を偲んで秘蔵エピソードを語る「盟友たちからの証言」も収載。

《その他にもエピソードが満載》
■ 敬愛するジョン・コルトレーンへの一方ならぬ想い/ジャズ業界を騒然とさせた「ジョー・ヘンダーソン事件」の真実
■ 60年代末のニューヨークを舞台に、夜な夜な熱いセッションが繰り広げられた「ロフト・シーン」の舞台裏
■ ウインドシンセサイザー「EWI」との出会い/果てしない音楽的探求心
■ 薬物依存の魔の手とその克服
■ 白血病との闘いでみせた最期の勇姿 ほか

著者プロフィール

ビル・ミルコウスキー  (ビルミルコウスキー)  (著/文

ジャズ評論家、ジャーナリスト、伝記作家。
ダウンビート誌、ジャズ・タイムス誌、Jazziz誌などの伝統あるジャズ雑誌で執筆するほか、インタビュー誌、ニューヨーク・デイリー・ニュース紙等にも寄稿。これまでに1,000枚以上のアルバムライナーノーツを手がける。著書に『ジャコ・パストリアスの肖像』『Swing It! An Annotated History of Jive』など。

山口三平  (ヤマグチサンペイ)  (翻訳

大手音楽会社にて音楽制作ディレクター、国内アーティストの海外展開を手がける。ニューヨーク大学大学院で音楽ビジネスを学び、のちに駐在員として2度目のNY在住。高校でサックスを始め、大学時代にステップス、深町純等のライブでマイケル・ブレッカーの洗礼を受ける。吾妻光良&The Swinging Boppersのサックス奏者。マイケル本人とも交流のあった「非公式マイケル・ブレッカー・ファンクラブ」の故・濱川礼会長とは高校の同級生。

上記内容は本書刊行時のものです。