版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
ディケンズ全集 ニコラス・ニクルビー 上 田辺洋子(翻訳) - 萌書房
..
【利用不可】

書店員向け情報 HELP

ディケンズ全集 ニコラス・ニクルビー 上 (ディケンズゼンシュウニコラスニクルビージョウ)

全集
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:萌書房
A5判
縦210mm 横148mm 厚さ29mm
重さ 700g
492ページ
定価 5,000円+税
ISBN
978-4-86065-165-7   COPY
ISBN 13
9784860651657   COPY
ISBN 10h
4-86065-165-0   COPY
ISBN 10
4860651650   COPY
出版者記号
86065   COPY
Cコード
C0397  
0:一般 3:全集・双書 97:外国文学小説
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2023年10月13日
最終更新日
2023年12月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

ディケンズ研究の第一人者である訳者によってこれまで邦訳出版された全小説作品や寄稿集を修正・改訳したものに,全12巻からなる書簡集を加え,日本で初めての全集として刊行開始。今回の第5回目の配本は,1838年から39年まで月刊分冊の形で販売されて人気を博し,今日においてもなお映画化・テレビドラマ化されることの多い,代表的長編小説の前半部。正義感が強く血気盛んな青年ニコラス・ニクルビー。父の急逝後,母妹とともに狡猾な高利貸しの伯父ラルフ・ニクルビーをロンドンに訪ねるが……。伯父の謀略によって惹き起こされる困難を克服しつつ繰り広げられる波瀾に富んだ物語。

目次

第一章 を読まなければ、話は始まらない
第二章 ラルフ・ニクルビー氏と、氏の店舗と、請け負いについて。併せて国宝級の一大株式会社についても
第三章 ラルフ・ニクルビー氏は弟の訃報を受けるも、かくてもたらされた報せに雄々しく耐える。読者は如何に彼が当章でお目見得の
ニコラスを気に入り、如何に親身に即、一旗揚げさせてやろうと申し出るか審らかにさる
第四章 ニコラスと伯父は(時をかわさず機に乗ずべく)ヨークシャー校長、ワックフォード・スクィアーズ氏の下に伺候する
第五章 ニコラスはヨークシャーに旅立つ。彼の暇乞い、旅の道連れ、道中の椿事について
第六章 前章で言及されし椿事のお蔭で、二人の御仁が昔話を競い合うの章
第七章 素顔のスクィアーズ校長夫妻
第八章 ショーネンジゴク学院の「内服経済学」
第九章 スクィアーズ嬢と、スクィアーズ夫人と、スクィアーズ坊っちゃんと、スクィアーズ校長について。並びにニコラス・ニクルビーに劣らずスクィアーズ校長一家とも少なからず関わりのある様々な出来事や人物について
第十章 ラルフ・ニクルビー氏は如何に姪と義妹に便宜を図りしか
第十一章 ニューマン・ノッグズ、ニクルビー母娘をシティの新居に案内する
第十二章 読者はこれにてファニー・スクィアーズ嬢の恋路を辿り、その雲行きを判じ得るの章
第十三章 ニコラスはこの上もなく強硬にして瞠目的な手続きにてショーネンジゴク学院の何の変哲もない生活にメリハリをつけ、よってのっぴきならぬ羽目に陥る
第十四章 は、如何せん凡俗の輩しか扱えぬので、卑しくさもしき肌合いとなるは理
第十五章 は、読者に前章で記されし中断の謂れと発端、並びに劣らず肝要な他事を審らかにす
第十六章 ニコラスは新たな職に就こうとするも思うに任せず、さる一家と家庭教師としての契約を結ぶ
第十七章 は、ニクルビー嬢の命運を追う
第十八章 ナッグ嬢はケイト・ニクルビーを丸三日間猫っ可愛がりした挙句、生涯忌み嫌わんと心に誓う。何故ナッグ嬢が当該決断を下すに至りしか
第十九章 ラルフ・ニクルビー邸におけるディナーの模様、並びに会食者のディナー前、ディナー中、ディナー後における乱行振りについて
第二十章 ニコラス、終に伯父に相見え、思いの丈をぶちまけるの章。彼の決断や如何
第二十一章 マダム・マンタリーニはクビが回らなくなり、ニクルビー嬢はクビになる
第二十二章 ニコラスはスマイクをお供に一旗揚げに旅に出る。途中、ヴィンセント・クラムルズ氏に出会し、氏が如何なる人物か、ここにて明らかにさる
第二十三章 は、ヴィンセント・クラムルズ一座、並びに氏の舞台の「舞台裏」を扱う
第二十四章 スネヴェリッチ嬢の一大予約興行、並びにニコラスの顔見世を巡って
第二十五章 一座に仲間入りしたロンドン出の若き御婦人と、御婦人を追って来た、お熱のご老体について。御両人の到着に伴う感動的儀式も交えて
第二十六章 は、ニクルビー嬢の心の平穏へのさる波瀾を孕む
第二十七章 ニクルビー夫人は、度外れに優しく親身なパイクとプラック両氏の知遇を受ける
第二十八章 ニクルビー嬢はマルベリー卿にうるさく付き纏わられるやら、辛く悲しい出来事に次々巻き込まれるやらで、終にワラにもすがる思いで伯父に助けを求める
第二十九章 ニコラスの所業、並びにヴィンセント・クラムルズ一座におけるさる内輪揉めについて
第三十章 ヴィンセント・クラムルズ座長と役者仲間の前から突如姿を消すニコラスの栄誉を称え、祝祭が催さる
第三十一章 ラルフ・ニクルビーとニューマン・ノッグズと、さる賢明な措置について。その成敗は追って
第三十二章 さる徒ならぬ会話と、それに端を発すさる徒ならぬ所業を巡って
第三十三章 ラルフ・ニクルビー氏、迅速極まりなき手続きにて、縁者との交わりより一切お役ご免になるの章

著者プロフィール

田辺洋子  (タナベヨウコ)  (翻訳

1955年広島県に生まれる(現在,広島経済大学教授),1999年広島大学より博士(文学)号授与。
著  書
『「大いなる遺産」研究』(広島経済大学研究双書第12冊,1994年),『ディケンズ後期四作品研究』(こびあん書房,1999年)
訳  書(チャールズ・ディケンズの全主要作品)
『互いの友』上・下(こびあん書房,1996年),『ドンビー父子』上・下(同,2000年),『ニコラス・ニクルビー』上・下(同,2001年),『ピクウィック・ペーパーズ』上・下(あぽろん社,2002年),『リトル・ドリット』上・下(同,2004年),『デイヴィッド・コパフィールド』上・下(同,2006年),『荒涼館』上・下(同,2007年),『骨董屋』(同,2008年),『大いなる遺産』(溪水社,2011年),『クリスマス・ストーリーズ』(同,2011年),『クリスマス・ブックス』(同,2012年),『逍遥の旅人』(同,2013年)等

上記内容は本書刊行時のものです。