版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
冬の植物観察日記 鈴木 純(著/文) - 雷鳥社
.
詳細画像 0 詳細画像 1
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|中|日教販   書店
直接取引: あり

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

冬の植物観察日記 (フユノショクブツカンサツニッキ)

文芸
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:雷鳥社
四六変判
縦180mm 横127mm 厚さ19mm
重さ 321g
272ページ
並製
定価 1,900円+税
ISBN
978-4-8441-3798-6   COPY
ISBN 13
9784844137986   COPY
ISBN 10h
4-8441-3798-0   COPY
ISBN 10
4844137980   COPY
出版者記号
8441   COPY
Cコード
C0095  
0:一般 0:単行本 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2023年10月25日
書店発売日
登録日
2023年9月12日
最終更新日
2023年10月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2023-12-23 朝日新聞  朝刊
評者: 石原安野(物理学者)
MORE
LESS

紹介

2022年10月から2023年3月までの植物観察家の日記。
新しい土地で迎える、はじめての冬のこと。

本書は秋から冬、そして春を迎えるまでの6か月間の記録です。
東京から山梨へ移住した植物観察家の鈴木純さん。街より野山が近くなったけれど、観察家としての日々は変わりません。生活の中で出会った身近な植物を、遠くから眺めたり、ぐっと自分に引き寄せたり。そんな風にしていつも観察しているのは、植物の「わかっていないこと」、まだ形のない「なにか」。
山梨で迎えた厳しい冬と、そこにある形のない春。春は、どこからやってくるのだろう。
「いま」を書きとめた貴重な記録です。

目次

冬のはじめに
2022年10月から2023年3月までのこと
春のはじめに

(帯文より)
10月 美味しいものが降ってくる季節 秋の伝承遊び
11月 落ち葉は宝物 移動する実と種
12月 冬の到来 霜をまとう植物たち
01月 一変する景色 閉じ込められた時間
02月 冬と春の端境期 草たちの命がけの冬越し
03月 足元から湧く春 つながりを取り戻す植物の世界

前書きなど

冬のはじめに

 多くの人にとって、植物観察といえば春から秋にかけてするもので、冬にするイメージを持つ人はどうやら少ないようだ。たしかに冬は、咲く草花が少なくなり、木々の葉っぱも枯れ落ちてしまうので、見られる植物が少なそうだと思うのも無理はない。でも、僕は冬も植物観察をしている。しかも、とても前向きに。僕は好きなのだ。冬が。

著者プロフィール

鈴木 純  (スズキ ジュン)  (著/文

植物観察家。植物生態写真家。1986年東京都生まれ。東京農業大学で造園学を学んだのち、青年海外協力隊に参加。中国で砂漠緑化活動に従事する。帰国後、国内外の野生植物を見て回り、2018年にフリーの植物ガイドとして独立。野山ではなく、街中をフィールドとした植物観察会を行っている。2021年に第47回東京農業大学「造園大賞」を受賞。著書に『そんなふうに生きていたのね まちの植物のせかい』『種から種へ 命つながるお野菜の一生』(ともに雷鳥社)、『ゆるっと歩いて草や花を観察しよう!すごすぎる身近な植物の図鑑』(KADOKAWA)、『子どもかんさつ帖』(アノニマ・スタジオ)、監修に『はるなつあきふゆのたからさがし』(矢原由布子・アノニマ・スタジオ)、『まちなか植物観察のススメ』( カツヤマケイコ・小学館)ほか、雑誌等への寄稿多数。

上記内容は本書刊行時のものです。