版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
辻井喬と堤清二 近藤洋太(著/文) - 思潮社
..
【利用不可】

書店員向け情報 HELP

辻井喬と堤清二 (ツジイタカコンシトツツミセイジ)

文芸
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:思潮社
四六判
231ページ
定価 2,300円+税
ISBN
978-4-7837-3806-0   COPY
ISBN 13
9784783738060   COPY
ISBN 10h
4-7837-3806-8   COPY
ISBN 10
4783738068   COPY
出版者記号
7837   COPY
Cコード
C0095  
0:一般 0:単行本 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2016年9月17日
最終更新日
2016年9月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2016-12-25 東京新聞/中日新聞  朝刊
評者: 勝又浩(文芸評論家)
2016-10-02 日本経済新聞  朝刊
MORE
LESS

紹介

辻井喬と肩を並べる経営者はいるだろう。彼より優れた詩人はいるだろう。けれども辻井喬のように宿命的に経営者であり、
かつ詩人であったような人物は、空前にして絶後なのだ。
(第10章「辻井喬の遺業」)

〈堤清二〉と〈辻井喬〉、二つの貌が生まれた思想的端緒とは何か。
最晩年のインタビューや証言、作品の精緻な読解をもとに、辻井喬が生き抜いた戦後に伴走し、人間存在の不条理に切り結ぶ詩精神を問い直す渾身の長編評論。
現代詩手帖にて好評連載、待望の書籍化。
装幀=佐々木陽介

著者プロフィール

近藤洋太  (コンドウヨウタ)  (著/文

1949年福岡県久留米市生まれ。中央大学商学部経営学科卒業。大学卒業間際、眞鍋呉夫の紹介で檀一雄主宰の「ポリタイア」に参加。林富士馬、古木春哉、谷崎昭男ら「日本浪曼派」ゆかりの人たちの知遇を得る。同人詩誌「翼」、「SCOPE」他に参加。現在「歴程」、「鷹」同人。添田馨らと「スタンザ」発行。
詩集に『もがく鳥』、『七十五人の帰還』、『カムイレンカイ』、『水縄譚』、『水縄譚其式』、『筑紫恋し』、『果無』、『CQICQ』など。
選詩集に『現代詩文庫231 近藤洋太詩集』。評論集に『矢山哲治』、『反近代のトポス』、『〈戦後〉というアポリア』、『保田與重郎の時代』、『人はなぜ過去と対話するのか―戦後思想私記』。

上記内容は本書刊行時のものです。