版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
「修辞」という思想 : 章炳麟と漢字圏の言語論的批評理論 林 少阳(著/文) - 白澤社 : 現代書館
...
【利用不可】

書店員向け情報 HELP

出版者情報

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文サイト:

「修辞」という思想 : 章炳麟と漢字圏の言語論的批評理論 (シュウジ ト イウ シソウ : ショウ ヘイリン ト カンジケン ノ ゲンゴロンテキ ヒヒョウ リロン)

このエントリーをはてなブックマークに追加
縦200mm
381ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-7684-7927-8   COPY
ISBN 13
9784768479278   COPY
ISBN 10h
4-7684-7927-8   COPY
ISBN 10
4768479278   COPY
出版者記号
7684   COPY
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2009年11月
登録日
2016年5月15日
最終更新日
2016年5月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

章炳麟の言語理論を詳しく紹介しながら、漢字圏の批評伝統より「辞を修め、其の誠を立つる」という理念を復活させ、近代化が抑圧してきた「文」の脱構築的機能の再生をめざす意欲的論考。

目次

漢字圏批評理論のために
第1部 漢字圏批評概念としての「文」と「修辞」(「文」の「学」を論ず-漱石『文学論』の問い
「修辞」と「レトリック」-近代的修辞学・文法学の確立との関連において
日本における批評概念としての「修辞」-荻生徂徠の「古文辞学」とその「修辞」解釈 ほか)
第2部 近代中国の文脈における音声中心主義-「文」と「修辞」の衰弱として(中国の民族主義と言語の近代
歌謠徴集運動における「声」と「音」-「歌謠」と「新詩」という近代的白話・国語運動のための装置
文と政治、美と倫理の間に-声への反省と活用としての三〇・四〇年代 ほか)
「和而不同」・君子=他者の共和国へ-アーレントと章炳麟

上記内容は本書刊行時のものです。