版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
気持ちを繊細に表すための  英語の“感情動詞”51 関 正生(著/文) - かんき出版
..
【利用不可】

気持ちを繊細に表すための  英語の“感情動詞”51 (キモチヲセンサイニアラワスタメノ エイゴノカンジョウドウシゴジュウイチ)

語学・辞事典
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:かんき出版
A5判
縦210mm 横148mm 厚さ13mm
重さ 286g
208ページ
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-7612-7729-1   COPY
ISBN 13
9784761277291   COPY
ISBN 10h
4-7612-7729-7   COPY
ISBN 10
4761277297   COPY
出版者記号
7612   COPY
Cコード
C0082  
0:一般 0:単行本 82:英米語
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2024年3月22日
最終更新日
2024年3月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

英会話、映画鑑賞、資格試験など、多くの場面で威力を発揮する“感情動詞” !

自分が抱いている複雑で繊細な気持ちをズバリ表してくれる単語を知っていると、相手にその感情を明確に伝えることができます。逆も場合も同じで、相手が感じていることを正確に理解することができます。その結果、会話が盛り上がり、映画鑑賞がさらに楽しくなり、資格試験のスコアアップにもつながっていきます。本書では51の感情動詞を取り上げ、イメージや使い方を徹底的に解説していきます。

目次

Chapter1 歓喜系の動詞
・amuse(超訳イメージ:思わずニコっとさせる)
・interest(超訳イメージ:知りたい気持ちにさせる)
・excite(超訳イメージ:ワクワクさせる・テンション上げる)
・thrill(超訳イメージ:テンションMAXにさせる)
・delight(超訳イメージ:顔にライトを照らす)
Chapter2 安心・満足系の動詞
・please ・satisfy ・relieve ・entertain ・refresh
Chapter3 感動・印象系の動詞
・move ・touch ・impress ・strike
Chapter4 魅了系の動詞
・attract ・fascinate ・enchant ・charm ・absorb
Chapter5 驚愕系の動詞
・surprise ・amaze ・astonish ・shock
Chapter6 疲労・退屈系の動詞
・bore ・tire ・exhaust
Chapter7 困惑・混乱系の動詞
・upset ・perplex ・embarrass ・confuse ・baffle
Chapter8 失望系の動詞
・disappoint ・depress ・discourage
Chapter9 怒り・嫌悪系の動詞
・irritate ・annoy ・bother ・offend ・disgust ・humiliate
Chapter10 恐怖系の動詞
・scare ・frighten ・terrify ・horrify ・alarm
Chapter11 「傷つける」系の動詞
・hurt ・injure ・wound
Chapter12 「~する」型の動詞
・marvel ・fear ・relax

著者プロフィール

関 正生  (セキ マサオ)  (著/文

1975年東京生まれ。埼玉県立浦和高校、慶應義塾大学文学部(英米文学専攻)卒業。TOEIC®L&Rテスト990点満点。リクルート運営のオンライン予備校「スタディサプリ」講師。スタディサプリでの有料受講者数は年間140万人以上。受験英語から資格試験、ビジネス英語、日常会話まで指導し、英語を学習する全世代に強力は影響を与えている。著書累計300万部突破。著書に『真・英文法大全』『英文法ポラリス』シリーズ(KADOKAWA)、『極めろ!リーディング解答力TOEIC®L&R TEST PART7』(スリーエーネットワーク)、『サバイバル英文法』(NHK出版新書)、『中学校3年間の英単語が1カ月で1000語覚えられる本』『大学入試英単語SPARTA』(かんき出版)など120冊超。英語雑誌『CNN ENGLISH EXPRESS』(朝日出版社)でコラムを連載中。

上記内容は本書刊行時のものです。