版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
応答、しつづけよ。 ティム・インゴルド(著/文) - 亜紀書房
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
ト・日     書店
子どもの文化     書店(直)
直接取引:あり
返品の考え方: 返品は常時承ります。

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

応答、しつづけよ。 (オウトウシツヅケヨ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:亜紀書房
四六判
縦188mm 横130mm 厚さ30mm
重さ 450g
420ページ
並製
定価 2,800円+税
ISBN
978-4-7505-1764-3   COPY
ISBN 13
9784750517643   COPY
ISBN 10h
4-7505-1764-X   COPY
ISBN 10
475051764X   COPY
出版者記号
7505   COPY
Cコード
C0010  
0:一般 0:単行本 10:哲学
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2022年7月4日
最終更新日
2023年10月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2023-09-16 毎日新聞  朝刊
評者: 鈴木成一
2023-07-08 毎日新聞  朝刊
評者: 中島岳志(東京工業大学教授・政治学)
MORE
LESS

紹介

〈世界と向き合い、「つくる」ために〉
人類学とアートの刺激的な出会い。

---------

現代の人類学を牽引する思想家が随筆、批評、寓話、詩などさまざまな形式を駆使して、アート、建築、デザインを論じる。

火、樹木、山、飛行、地面、時間、石、絶滅、線、糸、言葉、手書き、頭字語、色……創造と想像を刺激する思考の集成。

訳者・奥野克巳による詳細な解説を付す。

目次

◆序と謝辞
◆招待

森の話
 ■はじめに
 ■北カレリアのあるところで……
 ■真っ暗闇と炎の光
 ■樹木存在の影の中で
 ■Ta, Da, Ça, !

吐き、登り、舞い上がって、落ちる
 ■はじめに
 ■泡立った馬の唾液
 ■登山家の嘆き
 ■飛行について
 ■雪の音

地面に逃げ込む
 ■はじめに
 ■じゃんけん
 ■空へ(アド・コエルム)
 ■私たちは浮いているのか?
 ■シェルター
 ■時間をつぶす

地球の年齢
 ■はじめに
 ■幸運の諸元素
 ■ある石の一生
 ■桟橋
 ■絶滅について
 ■自己強化ための三つの短い寓話

線、折り目、糸
 ■はじめに
 ■風景の中の線
 ■チョークラインと影
 ■折り目
 ■糸を散歩させる
 ■文字線と打ち消し線

言葉への愛のために
 ■はじめに
 ■世界と出会うための言葉
 ■手書きを守るために
 ■投げ合いと言葉嫌い
 ■冷たい青い鋼鉄

◆またね

◆原注
◆訳者解説

著者プロフィール

ティム・インゴルド  (ティム インゴルド)  (著/文

1948年イギリス・バークシャー州レディング生まれの人類学者。1976年にケンブリッジ大学で博士号を取得。1973年からヘルシンキ大学、マンチェスター大学を経て、1999年からアバディーン大学で教えている。
『ラインズ──線の文化史』(2014年、左右社)、『メイキング──人類学・考古学・芸術・建築』(2017年、左右社)、『ライフ・オブ・ラインズ──線の生態人類学』(2018年、フィルムアート社)、『人類学とは何か』(2020年、亜紀書房)、『生きていること』(2021年、左右社)などがある。

奥野 克巳  (オクノ カツミ)  (翻訳

立教大学異文化コミュニケーション学部教授。
著作に『ありがとうもごめんなさいもいらない森の民と暮らして人類学者が考えたこと』(2018年、亜紀書房)、『これからの時代を生き抜くための文化人類学入門』(2022年、辰巳出版)、『人類学者K』(2022年、亜紀書房)など多数。
共訳書に、エドゥアルド・コーン著『森は考える──人間的なるものを超えた人類学』(2016年、亜紀書房)、レーン・ウィラースレフ著『ソウル・ハンターズ──シベリア・ユカギールのアニミズムの人類学』(2018年、亜紀書房)、『人類学とは何か』(2020年、亜紀書房)。

上記内容は本書刊行時のものです。