版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
アニメーション文化 55のキーワード 須川 亜紀子(編集) - ミネルヴァ書房
..
【利用不可】

アニメーション文化 55のキーワード (アニメーションブンカゴジュウゴノキーワード) 巻次:3

このエントリーをはてなブックマークに追加
A5判
288ページ
定価 2,400円+税
ISBN
978-4-623-08441-8   COPY
ISBN 13
9784623084418   COPY
ISBN 10h
4-623-08441-8   COPY
ISBN 10
4623084418   COPY
出版者記号
623   COPY
Cコード
C3336  
3:専門 3:全集・双書 36:社会
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2019年3月17日
最終更新日
2021年9月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

アニメーション文化がいかに周辺文化と相互関係があるのか、国内外の文化とどのようにつながっているのか。アニメーションに関わる具体的な「モノ・コト」を55厳選――ライトノベル、実写映画、スーパーロボット、SF、セクシュアリティ、国際映画祭、メディアミックス、イベント、アニメ聖地巡礼など――わかりやすく解説する。高校生・大学生・一般向けにアニメーションを通じて文化を知る入門書。

目次

まえがき

第1章 アニメーションの源泉と文化
 1 マンガ――アニメーションとの深い関係
 2 テレビ文化――テレビと歩んできたアニメ番組
 3 子ども文化――アニメキャラクターと遊び
 4 児童文学――子どもの世界からの飛翔
 5 日本文学――様々な文芸アニメーション
 6 ライトノベル――若者向け小説とアニメ
 7 民話、昔話――アニメーションの原作として
 8 人形文化――魂を宿す人(ヒト)形(ガタ)達
 9 切り紙、千代紙、和紙文化―変化自在な暮らしの友
 10 クレイ、粘土細工――身近な人気者
 11 実写映画――連続写真から映画へ
 12 サウンド――三種の音声とその収録方法
 13 コンピューター――「アニメ技術」の革新

第2章 アニメーションと文化現象
 14 人型ロボット――機械的複製時代の人間
 15 スーパーロボット――人が乗る人型の巨大機械
 16 魔法――魔女、魔法使い、魔術師、魔導師のルーツ
 17 超能力、超常現象――超自然的能力の行方
 18 スポーツ文化――現実から/への影響
 19 SF――ガジェットはSFの夢を見るか?
 20 日常、学園文化――退屈でかけがえのない日々
 21 妖怪、心霊主義、民間信仰――目に見えないモノへの敬意
 22 ホラー文化――ゾンビを中心に
 23 食文化――シズル感と存在感、世界観
 24 風景――動画と背景のシンフォニー

第3章 アニメーションとイデオロギー
 25 戦争――アニメとプロパガンダ
 26 原爆、核――ヒバクシャ・アニメーション
 27 セクシュアリティ――アニメと性
 28 帝国主義、愛国主義――プロパガンダからアニメーション・ドキュメンタリーへ
 29 教育――アニメーションの教育活用

第4章 海外文化とアニメーション
 30 アメリカ〈ディズニー〉――成功と挫折の果てに
 31 アメリカ〈フライシャーとワーナー〉――ディズニーのライバルたち
 32 カナダ――巨人アメリカの隣人
 33 フランス――挫折と挑戦の鬩ぎ合い
 34 ロシア――人間味あふれるアニメーション
 35 イギリス――情報戦からテレビ芝居へ
 36 ドイツ――ロッテ・ライニガーの影絵アニメーション
 37 イタリア――イタリア文化と日本のアニメーション
 38 ハンガリー――中欧のアニメーション大国
 39 クロアチア――嵐の中の孤高の戯れ
 40 チェコとスロバキア――人形のワンダーランド
 41 中国、台湾――アジアにおけるアイデンティティの探索
 42 韓国――デジタルの映像新世代へ
 43 国際映画祭――揺れる評価軸

第5章 アニメーションと消費文化
 44 自主規制――TVの公共性をめぐって
 45 メディアミックス――連関したアレンジの体系
 46 キャラクタービジネス――物質化されるメディア文化
 47 児童向け玩具――遊びとマスメディア
 48 テーマパーク、ミュージアム――世界観とストーリー
 49 ミュージカル、ライブシアター――キャラクターに会える空間
 50 町おこし、村おこし――地域振興への活用

第6章 ファンの受容とファンダム
 51 イベント――アニメ関連イベントの広がり
 52 コスプレ――自己の偽装と虚構の体現
 53 アニメ聖地巡礼、コンテンツツーリズム――現実、情報、虚構空間と旅
 54 二次創作――アニメをめぐる同人誌の変遷
 55 投稿動画――アニメにおける「踊ってみた」の布置

引用・参考文献
写真・図版出典一覧
索  引

著者プロフィール

須川 亜紀子  (スガワ アキコ)  (編集

2019年2月現在
横浜国立大学教授

米村 みゆき  (ヨネムラ ミユキ)  (編集

2019年2月現在
専修大学教授

上記内容は本書刊行時のものです。