版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
自壊する「日本」の構造 長谷川雄一(編集) - みすず書房
..
【利用不可】

自壊する「日本」の構造 (ジカイスルニホンノコウゾウ)

歴史・地理
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:みすず書房
46
重さ 480g
384ページ
定価 3,800円+税
ISBN
978-4-622-09670-2   COPY
ISBN 13
9784622096702   COPY
ISBN 10h
4-622-09670-6   COPY
ISBN 10
4622096706   COPY
出版者記号
622   COPY
Cコード
C0036  
0:一般 0:単行本 36:社会
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2024年1月10日
書店発売日
登録日
2023年11月27日
最終更新日
2023年12月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2024-03-16 東京新聞/中日新聞  朝刊
MORE
LESS

紹介

現在の日本社会全体は、時代の要請によって次々に出てくる課題に対応できないどころか、政治・経済・メディア・道徳などあらゆる局面で「劣化」や「自壊」に向かっているようにみえる。日本国憲法と二重基準になっている日米安保条約はじめ、対米従属のあり方、メディアと権力の癒着の実態やジャーナリズムの課題、教育現場での右傾化、自民党一強政治の経緯、核政策と原発問題の矛盾と失敗の構造、統一教会問題からみえてくるもの、新自由主義イデオロギーが蝕んでいるものなど、多方向から、日本の過去・現在・未来を考える。

目次

自壊する日本の「原像」  長谷川雄一
――序にかえて
1 内務省警保局発「外国軍駐屯地に於る慰安施設に関する件」/2「国体」から「国体」へ/3 理念なく、もたれ合う日本の組織の病理/4 不平等な対米関係に甘んずる日本という国/5 弱者と「犠牲のシステム」

新自由主義の隆盛と日本  水野和夫
――資本に『隷属への道』を敷設する新自由主義
1 新自由主義経済で不自由が増し生活は困窮――255兆円に相当する自由の消滅/2 サラマンカ学派と新自由主義――公正価格は神のみが知る/3 リアル・エコノミーvs.シンボル・エコノミー――資本に『隷属する道』へ/4 定常状態vs.成長経済――中庸か極端かの選択

「異形」の安全保障と沖縄  豊田祐基子
――日米関係史の中で
はじめに――「要石」から」「最前線」へ/1 「潜在主権」と天皇メッセージ 講和条約第三条の意味/2 抗議しない日本、現状維持という選択/3 「核抜き・本土並み」返還がもたらしたもの/4 「国内 問題」としての沖縄/おわりに――二つの戦争とブルースカイ

自壊するマスメディアからジャーナリズムを救出できるか  畑仲哲雄
はじめに/1 腐食の断面/2 産業的な凋落/3 権力の愛玩犬か、民主主義の番犬か/おわりに

なぜいま映画『教育と愛国』を通して政治を考えるのか  斉加尚代
1 山口と大阪は、映画『教育と愛国』で繋がる/2 歴史教科書「学び舎」への攻撃と日本書籍の倒産/3 維新の会の誕生と橋下徹氏の政治手法/4 東大名誉教授、伊藤隆氏から見えたもの/5 観客が育ててくれた映画。その反応と広がり、山口でも/6 沖縄戦から見える教育と政治的強要とは/7 平井美津子さんと教え子の感想/8 閣議決定というマジック/9 教育とメディア、そしてアカデミズムの可能性

日本の政党政治は自壊するのか  松岡信之
――政治の対立軸と選挙制度
はじめに/1 政治的対立軸の弱さ/2 小選挙区をめぐる自民党の策動/3 立憲民主党、新たな対立軸の模索/おわりに

日本的ナルシシズムという構造と自壊  堀有伸
はじめに/1 日本文化を貫く傾向としてのアンチ・ロゴス主義/2 藤田省三による『天皇制国家の支配原理』の研究/3 エディプス・コンプレックスと原始的防衛機制をめぐる精神分析的な議論/4 反復される国体の病理/むすびに――日本的ナルシシズムを乗り越えるための試論

「極東事項」の崩壊  栗田尚弥
――米軍第一軍団司令部のキャンプ座間移転をめぐって
はじめに/1 キャンプ座間の誕生と在日米陸軍司令部の開設/2 第一軍団司令部のキャンプ座間移転計画/3 司令部移転反対の動きに対する〈アメ〉と〈ムチ〉/4 アジアへのリバランス――「極東」の範囲を超える第一軍団の管轄/おわりに

核・原子力政策における日本の失敗と「ジレンマ」  鈴木達治郎
――学べぬ国日本の構造的課題
はじめに/1 日本の原子力政策の失敗――夢のエネルギーから負の遺産へ/2 日本の核政策の失敗――核廃絶のリーダーから核抑止依存症へ/3 結論――失敗からの教訓と今後への示唆

統一教会と現代日本の政教関係  島薗進
――公共空間を脅かす政教のもたれ合いと宗教右派
1 統一教会の抑圧・搾取・収奪と「祝福」の教え/2 攻撃的な隔離型教団が成長を続けられた要因/3 1970年代後半から1980年代へ/4 80年代の暴力事件と米国での展開/5 批判されにくかった統一教会/6 90年代にも捜査がなされなかった/7 2000年代以降に持ち越された問題/8 三つの段階と二つの側面/おわりに――公共空間の危機

あとがき

著者プロフィール

長谷川雄一  (ハセガワユウイチ)  (編集

(はせがわ・ゆういち)
1948年仙台市生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程単位取得満期退学、専門は日本政治外交史。東北福祉大学名誉教授。著書『近代日本の国際認識』(芦書房、2016年)、編著『アジア主義思想と現代』(慶應義塾大学出版会、2014年)『大正期日本のアメリカ認識』(慶應義塾大学出版会、2001年)、共編著『北一輝 自筆修正版・国体論及び純正社会主義』(ミネルヴァ書房、2007年)『満川亀太郎書簡集――北一輝・大川周明・西田税らの書簡』(論創社、2012年)『現代の国際政治(第4版)』(ミネルヴァ書房、2019年)。
*ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

水野和夫  (ミズノカズオ)  (編集

(みずの・かずお)
1953年愛知県生まれ。埼玉大学大学院経済科学研究科後期博士課程修了。博士(経済学)。三菱UFJモルガン・スタンレー証券チーフエコノミストを経て、内閣府大臣官房審議官(経済財政分析担当)、内閣官房内閣審議官(国家戦略室)を歴任。現在 法政大学法学部教授。主な著書に『終わりなき危機――君はグローバリゼーションの真実を見たか』(日本経済新聞出版、2011年)『資本主義の終焉と歴史の危機』(集英社、2014年)『次なる100年――歴史の危機から学ぶこと』(東洋経済新報社、2022年)など。
*ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

島薗進  (シマゾノススム)  (編集

(しまぞの・すすむ)
東京大学大学院人文科学研究科博士課程・単位取得退学。東京大学大学院人文社会系研究科・教授、上智大学グリーフケア研究所所長を経て、現在 大正大学客員教授、上智大学グリーフケア研究所客員所員。専門は宗教学、死生学、生命倫理。著書『国家神道と日本人』(岩波新書、2010年)『教養としての神道』(東京経済新報社、2022年)『宗教学の名著30』(ちくま新書、2008年)『明治大帝の誕生』(春秋社、2019年)『死生観を問う』(朝日新聞出版、2023年)など。
*ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

上記内容は本書刊行時のものです。