版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
『日本残酷物語』を読む 畑中 章宏(著/文) - 平凡社
..
【利用不可】

『日本残酷物語』を読む (ニホンザンコクモノガタリ ヲヨム)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:平凡社
新書判
232ページ
定価 800円+税
ISBN
978-4-582-85774-0   COPY
ISBN 13
9784582857740   COPY
ISBN 10h
4-582-85774-4   COPY
ISBN 10
4582857744   COPY
出版者記号
582   COPY
Cコード
C0239  
0:一般 2:新書 39:民族・風習
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2015年8月13日
最終更新日
2015年8月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2015-07-12 読売新聞
2015-06-21 朝日新聞
2015-06-07 東京新聞/中日新聞
MORE
LESS

目次

はじめに

第一章 宮本常一と谷川健一
1、「残酷」とはなにか
さまざまな「残酷」/「美」と「残酷」/民話と民衆/『民話』という雑誌
2、新しい民衆史を求めて
四人の監修者/谷川健一と民俗学/谷川からみた柳田と宮本/「民俗学」の企画
渋沢敬三邸で/「民俗学」にたいする疑問
3、庶民の風土記を──『風土記日本』
『風土記日本』の構想/庶民による庶民の歴史/唯物史観への疑義
4、「残酷」という話題──『日本残酷物語』
『風土記日本』から『日本残酷物語』へ/リラダンの『残酷物語』
下中彌三郎/署名か無署名か/編集者たち/残酷ブームの到来

第二章 「民衆」はいかに描かれてきたか
1、下層社会報告とプロレタリア文学
「残酷もの」の草分け/松原岩五郎『最暗黒の東京』
横山源之助『日本の下層社会』と農商務省『職工事情』/細井和喜蔵『女工哀史』
今和次郎『大東京案内』/賀川豊彦『貧民心理の研究』/プロレタリア文学
2、民衆と民俗学
長塚節『土』と農民文学/小山勝清の農村と民俗/柳田国男と「民衆史」
毎日ライブラリー『日本人』
3、一九六〇年前後──高度経済成長へ
昭和史論争/高度経済成長のさなか
「岩戸景気」と『三丁目の夕日』/「六〇年安保」の前後

第三章 最暗黒の「近代」──飢餓・棄民・災害
1、弱きものをめぐって──『貧しき人々のむれ』
掠奪者、乞食、遊女で満ちた国/海民の掠奪、山民の掠奪/飢饉国日本
風土病の恐怖/乞食の流れ/子どもと老人/女性の地位と労働/遊女たち
2、開拓と忘却の歴史──『忘れられた土地』
不幸なできごとをとおして/対馬にて/世界苦と離島苦/島の痛み
山民の生活/不毛な大地
3、さまざまな迫害──『鎖国の悲劇』
閉ざされた社会/差別問題を取りあげる/「かくれキリシタン」の民俗/異端の仏教徒
4、開化と停滞──『保障なき社会』
「近世」から「近代」へ/三陸大津波/天災列島/移民の群れ
鉄道が引きさいたこと/庶民・武士・アイヌ
5、女工・貧民・廃兵──『近代の暗黒』
東北大凶作/飢饉と米騒動/女工たち/坑夫たち/貧民窟にて/隣人と廃兵

第四章 矛盾と分裂の「現代」──公害・搾取・災害
1、疎外された人々──『引き裂かれた時代』
疎外を生きる/コンベアの奴隷たち/公害の時代/つくられる水害/「原子あと」の差別
2、小さな残酷──『不幸な若者たち』
日本近代の農村と農民/未来なき若者たち/忘れられた子どもたち/小さな自殺
逓信講習所の仲間たち/測手・自衛官・警官/テロリズムとレッド・パージ/読後感と評価

第五章 民衆の手触りを求めて──民衆史、生活史その後
編集者宮本常一/その後の谷川健一/網野善彦による評価
松谷みよ子『現代民話考』/宮本常一と「転向」/民俗学と民衆史
『遠野物語』と『日本残酷物語』/宮本常一の残酷物語

あとがき
参考・引用文献一覧

著者プロフィール

畑中 章宏  (ハタナカ アキヒロ)  (著/文

1962年大阪生まれ。作家、編集者。日本大学芸術学部講師、多摩美術大学美術学部講師。著書に『日本の神様』(イースト・プレス)、『災害と妖怪――柳田国男と歩く日本の天変地異』(共に亜紀書房)、『ごん狐はなぜ撃ち殺されたのか』(晶文社)、『先祖と日本人――戦後と災後のフォークロア』(日本評論社)、『柳田国男と今和次郎――災害に向き合う民俗学』(平凡社新書)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。