版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
韓国社会運動のダイナミズム 三浦 まり(編集) - 大月書店
..
【利用不可】

韓国社会運動のダイナミズム (カンコクシャカイウンドウノダイナミズム) 参加と連帯がつくる変革 (サンカトレンタイガツクルヘンカク)

社会科学
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:大月書店
四六判
304ページ
定価 2,600円+税
ISBN
978-4-272-21132-6   COPY
ISBN 13
9784272211326   COPY
ISBN 10h
4-272-21132-3   COPY
ISBN 10
4272211323   COPY
出版者記号
272   COPY
Cコード
C0036  
0:一般 0:単行本 36:社会
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2024年4月15日
書店発売日
登録日
2024年2月17日
最終更新日
2024年4月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

80年代の民主化闘争から近年の #MeToo 運動まで、社会を変える活力と戦略性を備えた韓国の市民・社会運動。女性運動、労働組合、革新政治との協同など、歴史的背景と豊かな実践例を各分野の当事者・専門家らが報告。

[目次]

はじめに

序章 韓国社会運動の歴史的変遷と再生への課題

第1部 #MeToo運動に結晶化した女性たちのたたかい
1章  「別々に、また、ともに」たたかってきた韓国の女性運動
2章 韓国の#Metoo運動はどのように展開したか
3章  政治家による性暴力事件と共同対策委員会

第2部 移民国家化する韓国と「外国人労働者」
4章  韓国の移民政策とその歴史的前提
5章 外国人雇用許可制度の評価と展望
6章 人権と労働権が保障される労働者受け入れ制度のために

第3部 住民参加に根ざした〈協治〉の試み
7章 社会を変えた韓国のダイナミズム――対立から参加型ガバナンスへ
8章 ソウル市革新10年からみる市民イニシアチブ
9章 市民運動の連帯とソーシャル・イノベーション

第4部 コロナ禍とエッセンシャル・ワーカーの権利
10章 コロナ禍における排除に対抗してきたエッセンシャル・ワーカーの運動
11章 なぜソウル市城東区はエッセンシャル・ワーカー条例を制定したのか
12章 運輸分野におけるエッセンシャル・ワーカーの実態と労働組合
13章 コロナ禍が照らし出す介護労働の公共性

第5部 活発化するベーシックインカム論争
14章 なぜ韓国ではベーシックインカム論争が盛り上がるのか
15章 韓国でベーシックインカム導入が現実的な選択肢である理由
16章 ベーシックインカムは福祉国家の発展をもたらすのか

終章 日本への示唆として何を受け取るか

目次

はじめに

序章 韓国社会運動の歴史的変遷と再生への課題

第1部 #MeToo運動に結晶化した女性たちのたたかい
1章  「別々に、また、ともに」たたかってきた韓国の女性運動
2章 韓国の#Metoo運動はどのように展開したか
3章  政治家による性暴力事件と共同対策委員会

第2部 移民国家化する韓国と「外国人労働者」
4章  韓国の移民政策とその歴史的前提
5章 外国人雇用許可制度の評価と展望
6章 人権と労働権が保障される労働者受け入れ制度のために

第3部 住民参加に根ざした〈協治〉の試み
7章 社会を変えた韓国のダイナミズム――対立から参加型ガバナンスへ
8章 ソウル市革新10年からみる市民イニシアチブ
9章 市民運動の連帯とソーシャル・イノベーション

第4部 コロナ禍とエッセンシャル・ワーカーの権利
10章 コロナ禍における排除に対抗してきたエッセンシャル・ワーカーの運動
11章 なぜソウル市城東区はエッセンシャル・ワーカー条例を制定したのか
12章 運輸分野におけるエッセンシャル・ワーカーの実態と労働組合
13章 コロナ禍が照らし出す介護労働の公共性

第5部 活発化するベーシックインカム論争
14章 なぜ韓国ではベーシックインカム論争が盛り上がるのか
15章 韓国でベーシックインカム導入が現実的な選択肢である理由
16章 ベーシックインカムは福祉国家の発展をもたらすのか

終章 日本への示唆として何を受け取るか

著者プロフィール

金 美珍  (キム ミジン)  (編集

韓国生まれ。大東文化大学国際関係学部准教授。専門は社会運動、労働運動、女性運動、社会政策。著書に『韓国「周辺部」労働者の利害代表――女性の「独自組織」と社会連携を中心に』(晃洋書房)ほか。(2022.3)

上記内容は本書刊行時のものです。