版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
愛 苫野 一徳(著/文) - 講談社
..
【利用不可】

書店員向け情報 HELP

(アイ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:講談社
新書判
224ページ
定価 860円+税
ISBN
978-4-06-517047-2   COPY
ISBN 13
9784065170472   COPY
ISBN 10h
4-06-517047-8   COPY
ISBN 10
4065170478   COPY
出版者記号
06   COPY
Cコード
C0210  
0:一般 2:新書 10:哲学
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2019年7月10日
最終更新日
2024年2月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-09-21 日本経済新聞  朝刊
MORE
LESS

紹介

本書でわたしは、「愛」の本質を明らかにした。性愛、恋愛、友愛、親の子に対する愛……。愛にはさまざまな形があるが、これらはいずれも、本来まったく異なったイメージを与えるものである。にもかかわらず、なぜこれらは「愛」の名で呼ばれうるのか?
それは、そこに「愛」の、ある“理念性”の本質が通奏低音のように響いているからである。性愛も恋愛も友愛も親の子に対する愛も、その「愛」の通奏低音の上に、それぞれ独自の音色を響かせているのだ。本書の目的は、これら「愛」の名のもとに包摂されるありとあらゆる「愛」の本質を明らかにすることにある。
「愛」とは何か、そしてそれはいかに可能か? これが、本書でわたしが挑み、そして明らかにした問いである。

 

目次

はじめに
第1章 「愛」の哲学序説
第2章 性愛
第3章 恋愛
第4章 真の愛
第5章 「愛」はいかに可能か
おわりに

上記内容は本書刊行時のものです。