版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
新編 人生はあはれなり… 紫式部日記 小迎 裕美子(著/文) - KADOKAWA
..
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3 詳細画像 4
【利用不可】

新編 人生はあはれなり… 紫式部日記 (シンペン ジンセイハアハレナリ ムラサキシキブニッキ)

趣味・実用
このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
224ページ
定価 1,200円+税
ISBN
978-4-04-606089-1   COPY
ISBN 13
9784046060891   COPY
ISBN 10h
4-04-606089-1   COPY
ISBN 10
4046060891   COPY
出版者記号
04   COPY
Cコード
C0095  
0:一般 0:単行本 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2023年1月27日
書店発売日
登録日
2022年12月2日
最終更新日
2024年4月4日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

★NHK「あさイチ」でも紹介! 共感続々、大反響!★
2015年に刊行された『人生はあはれなり… 紫式部日記』に、新たな描き下ろし16ページと修正を加えた、最新版。
『源氏物語』の作者であり、2024年大河ドラマの主人公でもある紫式部の日記を、コミカライズ。
さぞ、華やかな日常を送っていたのかと思いきや、実際は将来が不安、人目を気にしすぎてつらい、出る杭は打たれるのでできるだけ目立ちたくないなど、
現代女性でも共感できる、人間関係、仕事、嫉妬などが綴られている。
この絶望だらけの平安ライフを、人気イラストレーター小迎裕美子がユーモアたっぷりに描く。
テストにも役立つ、『紫式部日記』原文付き!

【目次】
シキブ日記 彰子さまと出産と私
紫な劇場 パープルライフ 第一部、第二部
シキブ日記 出仕と私とデリケート
シキブ日記 哀と追憶と私
シキブ日記 ため息ばかりの日々だけどそれでも生きていく私
紫な劇場 パープルライフ 第三部
巻末おまけ コムカイ的ドス紫日記
赤間先生のよくわかる枕草子講座1~6
『紫式部日記』原文

目次

 プロローグ
 はじめに

シキブ日記 彰子さまと出産と私
 私の人生もつらいけど彰子さまもおつらいの
 中宮・彰子のいばら道
 加持ご祈祷はうるさすぎ
 もっとうるさくおぞましく
 定子の怨念!?
 ご無事にご出産! …まして私など
 道長さまのご満悦
 ああ水鳥よ水鳥よ

紫な劇場 パープルライフ第一部

紫な劇場 パープルライフ第二部
 ジイシキとプライドがメランコリック1
 男性に「顔を見られる」ということの意味
  赤間先生のよくわかる紫式部日記講座3

シキブ日記 出仕と私とデリケート
 ディスられて召使い
 本性を隠しながら
 道長セクハラ
 ここで横道
 その人は…倫子!!
 道長愛人説もあるシキブですが
 日本紀の局(イヤな同僚たち~左衛門の内侍)

シキブ日記 哀と追憶と私
 変わってしまった私に罪悪感
 せっかく帰ってきてみたが
 嫉妬とかではないけれど
 ふたりはルームメイト
 大晦日の事件簿~弟よ!~
 宴で父が偏屈で
 弟・惟規
 またひとつ歳をとる私~暮れ行く年~
 ここで横道

シキブ日記  ため息ばかりの日々だけどそれでも生きていく私
 比べられて…。サロン
 才女批評~和泉式部~
 才女批評~赤染衛門~
 清少納言という人は…

紫な劇場 パープルライフ 第三部
 エピローグ
 ジイシキとプライドがメランコリック2
 夫の死をきっかけに
 シキブのその後
 あとがき

巻末おまけ コムカイ的ドス紫日記
 自分が…めんどくさい
 ひけらかし ~ブランド編~
 ひけらかし ~カタカナ地獄編~
 ヒガイモウソウがとまらない
 ジイシキがからまわり
 ナゴンにくし!!!
 ヒガイモウソウがとまらない ~なさすぎて自信~
 ヒガイモウソウがとまらない ~完結編~

赤間先生のよくわかる枕草子講座1~6


『紫式部日記』原文

著者プロフィール

小迎 裕美子  (コムカイ ユミコ)  (著/文

愛知県名古屋市生まれ。広告デザイン事務所勤務を経てフリーイラストレーターに。雑誌を中心に、テレビ、広告、WEBなどで活躍中。著書に『新編 本日もいとをかし!! 枕草子』(KADOKAWA)、『脱力道場』(小学館)、『だいこくばしズム』(朝日新聞出版)など。

上記内容は本書刊行時のものです。