版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
日本仏教の社会倫理 島薗 進(著/文) - 岩波書店
..
詳細画像 0
【利用可】
ウェブの承諾表明により「利用可」にしています

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

受注センター:
貴店担当者:
注文電話番号:
注文FAX番号:
注文サイト:

日本仏教の社会倫理 (ニホンブッキョウノシャカイリンリ) 正法を生きる (ショウボウヲイキル)

文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:岩波書店
縦148mm 横105mm 厚さ17mm
重さ 224g
380ページ
定価 1,540円+税
ISBN
978-4-00-600453-8   COPY
ISBN 13
9784006004538   COPY
ISBN 10h
4-00-600453-2   COPY
ISBN 10
4006004532   COPY
出版者記号
00   COPY
Cコード
C0115  
0:一般 1:文庫 15:仏教
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2022年9月15日
書店発売日
登録日
2022年8月10日
最終更新日
2024年4月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

仏教には本来、社会倫理的な実践が大きな要素として備わっていた。近代的な宗教観のもとで見落とされがちだった、そうした倫理性・社会性の側面が、現代社会の中で再び顕わになりつつある。本書は、サッダルマ(正法)を世に現す生き方の系譜に着目しながら、日本仏教の実践思想を捉え直し、宗派主義の枠を超えた新しい日本仏教史像を提示する試みである。

目次

はじめに

序章 日本仏教を捉え返す

第Ⅰ章 出家と在家――近代的な仏教理解を超えて
 一 日本仏教と在家主義
 二 出家の意味を問う
 三 出家・サンガ(僧伽)・正法

第Ⅱ章 仏教と国家――正法を具現する社会
 一 日本仏教史観の革新
 二 統一国家と仏教社会倫理
 三 正法に基づく統治の理念

第Ⅲ章 正法と慈悲――仏教倫理の基礎概念
 一 正法の軽さと慈悲の重さ
 二 仏教倫理の根本としての慈悲
 三 慈悲の理念と日本仏教
 四 鎌倉仏教優越史観と慈悲の重視

第Ⅳ章 正法と末法――日本仏教の形成
 一 『金光明経』が示す社会倫理
 二 日本の古代仏教と正法の理念
 三 禅宗と浄土宗が目指したもの
 四 明恵と道元の選んだ道

第Ⅴ章 正法復興運動の系譜――中世から近世へ
 一 正法復興運動としての新義律宗
 二 日蓮による正法復興運動
 三 近世の正法復興運動

第Ⅵ章 在家主義仏教と社会性の自覚――近代から現代へ
 一 近代仏教の正法理念と日蓮主義
 二 正法理念を引き継ぐ法華 = 日蓮系新宗教
 三 仏教の社会性の自覚

終章 東日本大震災と仏教の力

補章 近代日本仏教の社会倫理――伝統仏教教団を中心に


 文献一覧
 あとがき
 岩波現代文庫版あとがき
 索引

著者プロフィール

島薗 進  (シマゾノ ススム)  (著/文

島薗 進(Susumu Shimazono)
1948年生まれ.東京大学名誉教授,大正大学客員教授.宗教学,近代日本宗教史,死生学.主な著書に,『現代宗教の可能性』『スピリチュアリティの興隆』『国家神道と日本人〈岩波新書〉』『戦後日本と国家神道』(以上,岩波書店),『明治大帝の誕生』(春秋社),『宗教学の名著30〈ちくま新書〉』『神聖天皇のゆくえ』(以上,筑摩書房),『現代救済宗教論』(青弓社),『ポストモダンの新宗教』(法蔵館),『日本人の死生観を読む』『ともに悲嘆を生きる』(以上,朝日新聞出版),『教養としての神道』(東洋経済新報社)など,共編著に『近代日本宗教史』(全6巻,春秋社)ほか,多くのシリーズ・論集がある.

上記内容は本書刊行時のものです。