版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
ガブリエル・ガルシア=マルケス ある人生 ジェラルド・マーティン(著/文) - 岩波書店
..
詳細画像 0
【利用不可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

受注センター:
貴店担当者:
注文電話番号:
注文FAX番号:
注文サイト:

ガブリエル・ガルシア=マルケス ある人生 (ガブリエルガルシアマルケスアルジンセイ)

文芸
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:岩波書店
A5判
縦210mm 横148mm 厚さ48mm
重さ 1100g
766ページ
定価 9,800円+税
ISBN
978-4-00-061588-4   COPY
ISBN 13
9784000615884   COPY
ISBN 10h
4-00-061588-2   COPY
ISBN 10
4000615882   COPY
出版者記号
00   COPY
Cコード
C0098  
0:一般 0:単行本 98:外国文学、その他
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2023年3月28日
書店発売日
登録日
2023年2月10日
最終更新日
2024年4月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

長編『百年の孤独』などの作品でラテンアメリカ文学の名を一層高らしめた巨人、ガルシア=マルケス。若き日の貧苦、ジャーナリストとしての日々、政治的セレブリティたちとの交流、恋愛、名声とその対価、ノーベル賞受賞の裏話など、読むほどに圧倒されるマルケスの生涯に迫る決定版伝記、いよいよ登場。

目次

 まえがき
 プロローグ 判然としない出自から 1800-1899

第Ⅰ部 故国――コロンビア 1899-1955
 1 大佐と失われた大義について 1899-1927
 2 アラカタカの家 1927-1928
 3 祖父の手を握って 1929-1937
 4 学生時代――バランキーリャ、スクレ、シパキラ 1938-1946
 5 大学生と〈ボゴタ暴動〉 1947-1948
 6 海岸地方に戻る――カルタヘーナでの見習いジャーナリスト 1948-1949
 7 バランキーリャ、書店主、そしてボヘミアンのグループ 1950-1953
 8 ボゴタに戻る――切り札レポーター 1954-1955

第Ⅱ部 海外へ――ヨーロッパ、そしてラテンアメリカ 1955-1967
 9 ヨーロッパの発見――ローマ 1955
 10 パリでの飢え――「ラ・ボエーム」 1956-1957
 11 鉄のカーテンの向こう――冷戦時の東ヨーロッパ 1957
 12 ベネスエラとコロンビア――〈ママ・グランデ〉誕生 1958-1959
 13 キューバ革命とアメリカ合衆国 1959-1961
 14 メキシコへの脱出 1961-1964
 15 魔術師メルキアデス――『百年の孤独』 1965-1966
 16 ついに名声が 1966-1967

第Ⅲ部 名士――有名人と政治 1967-2005
 17 バルセローナとラテンアメリカ〈ブーム〉――文学と政治のはざまで 1967-1970
 18 作家は孤独の中、時間をかけて執筆する――『族長の秋』とより広い世界 1971-1975
 19 チリとキューバ――ガルシア=マルケスは革命を選ぶ 1973-1979
 20 文学への復帰――『予告された殺人の記録』そしてノーベル賞 1980-1982
 21 名声ゆえの狂騒とグアバの香り――『コレラの時代の愛』 1982-1985
 22 公式の歴史に抗して――ガルシア=マルケスのボリーバル(『迷宮の将軍』) 1986-1989
 23 マコンドへの帰還?――歴史的災厄のニュース 1990-1996
 24 ガルシア=マルケス、七〇歳、そしてそれを越えて――追憶と悲しき娼婦たち 1996-2005

 エピローグ 不死性――現代のセルバンテス 2006-2007
 あとがき ガボ、旅立つ

 謝辞
 訳者解説
 写真クレジット
 索引〈要約版〉

著者プロフィール

ジェラルド・マーティン  (ジェラルドマーティン)  (著/文

ジェラルド・マーティン(Gerald Martin)
1944年生まれ.ピッツバーグ大学の近・現代語に関するアンドリュー・W・メロン[1855―1937.アメリカの銀行家,実業家.
退職後,教育,文化,研究活動に資金援助したことで知られる]の名誉教授,ロンドン・メトロポリタン大学のカリブ海研究所の上級研究教授.ラテンアメリカのすべての国を訪れ,大陸に関する広範な執筆活動を行う.25年間,パリ(パリ大学とユネスコ)の20 世紀ラテンアメリカ文学・文書館で英語を話すただひとりのメンバーだった.近年,イベロ―アメリカ文学国際学会の会長職に就く.著書に『迷宮を通り抜ける旅 20世紀のラテンアメリカのフィクション』(1989),ミゲル・アンヘル・アストゥリアスの『トウモロコシの人間たち』(翻訳と校訂版,1994)などがある.現在イギリス在住.

木村 榮一  (キムラ エイイチ)  (翻訳

木村榮一(キムラ エイイチ)
1943年大阪生まれ.神戸市外国語大学イスパニア学科卒業.
同大学教授,学長を経て,現在は神戸市外国語大学名誉教授.
スペイン文学・ラテンアメリカ文学翻訳家.おもな著書に,『ドン・キホーテの独り言』『ラテンアメリカ十大小説』(ともに岩波書店),訳書にはコルタサル『悪魔の涎・追い求める男』,バルガス=リョサ『緑の家』(以上,岩波文庫),ガルシア=マルケス『わが悲しき娼婦たちの思い出』『コレラの時代の愛』『ガルシア=マルケス「東欧」を行く』(以上,新潮社),『物語の作り方』(岩波書店)などがある.

上記内容は本書刊行時のものです。