版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
「出家」寂聴になった日 長尾玲子(著) - 百年舎
.
詳細画像 0 詳細画像 1

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: JRC|トランスビュー
直接取引: なし

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784991203916

「出家」寂聴になった日 (シュッケ ジャクチョウニナッタヒ)

文芸
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:百年舎
四六判
縦193mm 横124mm 厚さ18mm
重さ 322g
300ページ
上製
価格 2,250円+税
ISBN
978-4-9912039-1-6   COPY
ISBN 13
9784991203916   COPY
ISBN 10h
4-9912039-1-0   COPY
ISBN 10
4991203910   COPY
出版者記号
9912039   COPY
Cコード
C0093  
0:一般 0:単行本 93:日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2022年11月7日
書店発売日
登録日
2022年9月26日
最終更新日
2022年11月7日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2022-11-24 日本経済新聞  夕刊
評者: 陣野俊史
2022-11-23 ニッポン放送 上柳昌彦 あさぼらけ
2022-11-23 京都新聞  朝刊
2022-11-20 NHKラジオ第一「ラジオ深夜便」
評者: 永江朗
2022-11-16 ステレオサウンドon-line  
2022-11-13 伊勢新聞  朝刊
2022-11-13 宮崎日日新聞
2022-11-11 福井新聞  朝刊
2022-11-11 岩手日報  朝刊
2022-11-11 山陰中央新報
2022-11-11 山陰中央新報  朝刊
2022-11-11 熊本日日新聞
2022-11-09 ニッポン放送 NEWS ONLINE  
2022-11-09 YAHOO!ニュース  
MORE
LESS

紹介

流行作家・瀬戸内晴美は、なぜ51歳で出家し、寂聴になる道を選んだのか。
血縁関係にあり、長年、秘書として瀬戸内文学に仕えた著者による渾身の一冊。
「晴美」として半世紀を過ごし、「寂聴」になった「はあちゃん」。
従妹とその娘が見た瀬戸内寂聴の「生」とは……。
長年、秘書として瀬戸内文学に仕えた筆者が瀬戸内寂聴の出家の謎に迫る評伝小説。
装画は横尾忠則のオリジナルイラスト。

目次

 はあちゃんのこと
本郷ハウス 一九七三年秋 母・恭子の記憶
 はあちゃんと恭子
 一九七〇年の引っ越しの日
 一九七三年 現生を捨てる
 大工町 一九三六年
 終の棲家
 書き続けたいもの
中尊寺 一九七三年十一月十四日
一九七二年 恭子の回想
 得度前夜 瀬戸内晴美の回想
 得度式 十一月十四日 恭子の回想
終わらせ方 一九七三年夏
 出家の理由 小説を書き続けるための芯
 スプリングボード
私の瀬戸内寂聴 玲子の回想
 手伝いはじめ 一九七〇年
 はあちゃん倒れる 一九七五年
 寂庵での手伝いが始まる 一九七八年
 寂庵源氏誕生 一九九二年
 戯曲への挑戦 二〇〇〇年
 晴美と寂聴
 念願の個人全集刊行 二〇〇一年
 広がる創作のジャンル
 手元不如意
書くことだけでなく
 法話
 寂庵
 天台寺
 戦争反対
 教育
 敦賀女子短期大学学長
 文学塾塾長
 徳島県立文学書道館
 今度はいけない気がする 二〇二一年

前書きなど

白寿で旅立った瀬戸内寂聴は、二〇二一年十一月十三日午後六時過ぎ、黒いリムジン型霊柩車に乗せられて、四十七年間暮らした寂庵から最期の旅に出発した。「はあちゃん」の野辺の送りは、コロナ禍のために三人のお坊さんと二十七人の参列者という、本当に小さなお葬式だった。
 私の母「恭子」は寂聴の十一歳年下の従妹、その娘が私、「玲子」だ。我が家では、家族だけの時には瀬戸内寂聴のことを「はあちゃん」と呼ぶ。
 私は、一九七〇年冬から二〇一〇年の年初まで、濃淡はあるが四十年間、晴美そして寂聴の文学創作に関わっていた。後半の十五年間は秘書として行動を共にし、二日しか自宅に科入れない月もあった。
 母・長尾恭子が「はあちゃん」こと寂聴の思い出を私に話し出したのは、寂庵のお堂での家族葬から数日経ってからだった。

版元から一言

内容:昨年、99歳で亡くなり、11月9日で一周忌となる瀬戸内寂聴。当時、流行作家として人気を博していた瀬戸内晴美は、なぜ51歳で出家したのか。筆者の母(恭子)は瀬戸内寂聴の従妹であり、同じ「本郷ハウス」に住んでいた。そして出家し、マスコミから逃れるために寂聴が身を寄せたのも筆者の自宅であった。長年、秘書として瀬戸内文学に仕えた筆者が瀬戸内寂聴の出家の謎に迫る評伝小説。装画は横尾忠則のオリジナルイラスト。

著者プロフィール

長尾玲子  (ナガオ レイコ)  (

大学在学中より、ライター、編集者など。速記事務所を経て、2010年まで瀬戸内寂聴秘書。
2011年から2021年まで、公益社団法人日本文藝家協会・著作権管理部長。瀬戸内寂聴は母の従姉。

上記内容は本書刊行時のものです。