版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
ウクライナの小さな町 バーナード・ワッサースタイン(著/文) - 作品社
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
ト・日     書店
子どもの文化     書店(直)
直接取引:なし

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

ウクライナの小さな町 (ウクライナノチイサナマチ) ガリツィア地方とあるユダヤ人一家の歴史 (ガリツィアチホウトアルユダヤジンイッカノレキシ)

歴史・地理
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:作品社
四六判
360ページ
定価 3,600円+税
ISBN
978-4-86793-025-0   COPY
ISBN 13
9784867930250   COPY
ISBN 10h
4-86793-025-3   COPY
ISBN 10
4867930253   COPY
出版者記号
86793   COPY
Cコード
C0022  
0:一般 0:単行本 22:外国歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2024年4月
書店発売日
登録日
2024年2月8日
最終更新日
2024年7月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2024-07-08 世界  2024年8月号
評者: 野村真理(のむら・まり=金沢大学名誉教授)
2024-06-29 朝日新聞  朝刊
評者: 前田健太郎(東京大学教授・行政学)
2024-06-15 日本経済新聞  朝刊
評者: 西成彦(立命館大学名誉教授)
2024-06-10 文藝春秋  2024年7月号
評者: 片山杜秀
MORE
LESS

重版情報

2刷 出来予定日: 2024-08-07
MORE
LESS

紹介

国と国、歴史と歴史のはざまで──。
ウクライナ辺境の町の歴史と、あるユダヤ人一家の歴史が交錯する。

ハプスブルク家の支配、ロシア革命、反ユダヤ主義、ホロコースト、独ソ戦、ロシア・ウクライナ戦争……過去から現代に至るまで、東欧の複雑な歴史を複雑なまま理解するためにまさに今求められる、再発見と洞察に満ちた歴史書にして家族の年代記。

 現在の西ウクライナにまたがるガリツィア地方は、歴史的に、オーストリア、ポーランド、ドイツ、ソ連とさまざまな国に支配され、翻弄されてきた。
 本書の舞台は、ガリツィア地方の小さな町クラコーヴィエツ。著者はイギリスの著名な歴史家で、彼の先祖はこの町出身のユダヤ人である。歴史家として客観的かつ生き生きとこの町がたどった歴史を語る一方で、この町と深い縁のある自分の祖先を悼むように、家族がたどった苦難の歴史を追いかけてゆく。ユダヤ人差別はありながらも多民族が共存したハプスブルク時代、国と国のはざまで幾多もの戦争に蹂躙された混乱期、ウクライナとポーランド両者のナショナリズムに引き裂かれた近代、ナチスとソ連による恐怖支配、そして現代へ――。
 ガリツィア地方という、国と国のはざま。そしてユダヤ人という、民族と民族のはざま。――二つの「はざま」の視点から、ガリツィア地方、ウクライナ、そして東欧の人びとがくぐり抜けた歴史が照らし出される。

目次

はじめに
地名の表記について
1 逮捕
2 三匹の魚
3 「このうえなく華やかなりし時代」
4 シュテットルの勃興
5 皇帝のクラコーヴィエツ
6 燃えるシュテットル
7 クラコーヴィエツからベルリンへ
8 ベルリンからクラコーヴィエツへ
9 三つの体制のもとで
10 「おまえは心配しなくていい。おまえはおれのユダヤ人だ」
11 「小さな町です――聞いたこともないと思います」
12 一匹になった魚
13 クラコーヴィエツに帰る
あとがき
謝辞
図版一覧
地図一覧
参考文献

索引

著者プロフィール

バーナード・ワッサースタイン  (バーナード ワッサースタイン)  (著/文

(Bernard Wasserstein)歴史学者。1948年ロンドンに生まれ、現在はアムステルダムに在住。1974年にD. Phil.(近現代史)、2001年にD. Litt.をそれぞれオックスフォード大学で取得。同大学での教職等を経て、現職はシカゴ大学歴史学部名誉教授、英国学士院特派員。近現代ヨーロッパのユダヤ人史を中心的な研究テーマとし、現在までに13冊の著書がある(本書が初の邦訳)。『トレビッチ= リンカーンの秘密の生活(The Secret Lives of Trebitsch Lincoln)』(1988)で英国推理作家協会のゴールド・ダガー賞(ノンフィクション部門)、『その前夜――第二次世界大戦直前のヨーロッパにおけるユダヤ人(On the Eve: The Jews of Europe Before the Second World War)』(2012)でヤド・ヴァシェム国際書籍賞を受賞。

工藤 順  (クドウ ナオ)  (翻訳

(くどう・なお)1992年生まれ。翻訳労働者。訳書に、アンドレイ・プラトーノフ『チェヴェングール』(石井優貴との共訳、作品社、2022、第9回日本翻訳大賞受賞)等がある。

上記内容は本書刊行時のものです。