版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
転職ばっかりうまくなる ひらい めぐみ(著) - 百万年書房
.
詳細画像 0
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文FAX番号:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: 八木|子どもの文化|トランスビュー
直接取引: あり(トランスビュー扱い)
返品の考え方: 随時返品可

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

転職ばっかりうまくなる (テンショクバッカリウマクナル)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:百万年書房
四六判
縦128mm 横188mm 厚さ17mm
重さ 268g
224ページ
並製
価格 1,600円+税
ISBN
978-4-910053-44-8   COPY
ISBN 13
9784910053448   COPY
ISBN 10h
4-910053-44-1   COPY
ISBN 10
4910053441   COPY
出版者記号
910053   COPY
Cコード
C0095  
0:一般 0:単行本 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2023年12月24日
書店発売日
登録日
2023年10月27日
最終更新日
2023年12月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2024-03-03 (予定) MOE(モエ)
2024-02-28 母の友
2024-02-23 CINRA  
評者: 生湯葉シホ
2024-01-24 TOKYO FM「ONE MORNING」  
評者: ユージ、吉田明世
2024-01-18 non no  2024年3月号
評者: 花田菜々子(蟹ブックス)
2023-12-26 YAHOO!ニュース  
評者: 関口竜平
2023-12-24 しんぶん赤旗
MORE
LESS

重版情報

2刷 出来予定日: 2024-01-30
MORE
LESS

紹介

20代で転職6回。
「圧倒的成長」をしたくない人のための、ドタバタ明るい転職のすゝめ。

こんな会社ばっかりの世の中なんて終わってる--。

目次

◎一社目  倉庫、コンビニ
 アルバイトはたのしい
 倉庫ではたらく
 お金がない
 時間の換金には限度がある

◎はじめての就職活動
 転職エージェントに登録する
 初めての面接
 「世の中そんなに甘くないんだよ」
 再最終面接

◎二社目 営業
 入社一か月目
 ほほえみ地蔵
 社会人練習
 踏んだり蹴ったり
 血便、ふたたび

◎はじめての休職
 ダチョウか、タカか、ペンギンか
 川と裁判傍聴の日々

◎三社目 webマーケティング
 おでんを食べながら働く
 「圧倒的成長」をしたくない

◎四社目 書店スタッフ
 滑り込み転職
 手取り十五万円クライシス
 レモンの輪切りと人生
 「好きなこと」を仕事にする
 (二十八歳・書店アルバイト)
 転職活動、ふたたび
 トイレットペーパーがない

◎五社目 事務局・広報
 入社して一か月で辞めたくなる
 「給料も払いたくない」
 「仕事ができる・できない」は環境の違い
 「ひらいさんは文章で成功しない」
 なにもない首里城

◎六社目 編集・ライター
 職場には川が必要
 デスクでごはんを食べること、窓がないオフィスで働くこと
 「書く」という仕事
 甘いものが食べられない期
 偏りをはかる

◎七社目 ライター・作家(フリーランス)←「社」ではないですが……。
 倉庫バイト・リバイバル
 働き方革命
 やってみたいことを、やってみる
 転職の数だけ人生の味方が増える
 フリーランスの生活と占い
 肩書は書かない
 いつ、どんな理由で辞めてもいい
 夢って、なんだろう

◎あとがき

前書きなど

キャリアが積み上がらなくても、収入が減っても、辞めたくなったら辞める。
これが転職においてのわたしの譲れないポイントである。

版元から一言

個人誌『おいしいが聞こえる』『踊るように寝て、眠るように食べる』が異例の売れ行きを見せるひらいめぐみ、書き下ろし最新作。
生涯年収やキャリアプランよりも大事にしたいことがある人、転職に悩む人、働き方に悩むすべての人たちに送ります。

「面白かった。就職とか会社とかよくわからん、と思ってる人、だいじょうぶ、みんなわかってないから、と教えてくれる本だった。
なんか違う、と感じたら体調を崩してやめてしまう、身体の敏感さがひらいめぐみの才能だと思う。
仕事の内容よりも、仕事場の近くに川があるかどうか、のほうが熱心に語られている。僕も川のそばの倉庫で働いてみたくなった」(pha)


【以下本文より】
キャリアが積み上がらなくても、収入が減っても、辞めたくなったら辞める。これが転職においてのわたしの譲れないポイントである。/こんな会社ばっかりの世の中なんて終わってる/自分の心と身体を守れるのは自分しかいない/遊んで食べて寝てちゃダメ?/日が沈んだら、家に帰ったほうがぜったいにいいのだ。

著者プロフィール

ひらい めぐみ  (ヒライ メグミ)  (

1992年生まれ。茨城県出身。7歳からたまごシールを集めている。2022年に私家版『おいしいが聞こえる』、2023年に『踊るように寝て、眠るように食べる』を刊行。好きな食べものはおでんとかんぴょう巻き。

上記内容は本書刊行時のものです。