版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
よるくまシュッカとあんしんのはな エミリー・メルゴー・ヤコブセン(著) - 百万年書房
.
詳細画像 0 詳細画像 1

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文FAX番号:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: 八木|トランスビュー
直接取引: あり(トランスビュー扱い)
返品の考え方: 随時返品可

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784910053301

よるくまシュッカとあんしんのはな (ヨルクマシュッカトアンシンノハナ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:百万年書房
A4変型判
縦260mm 横210mm 厚さ8mm
重さ 373g
40ページ
上製
価格 1,900円+税
ISBN
978-4-910053-30-1   COPY
ISBN 13
9784910053301   COPY
ISBN 10h
4-910053-30-1   COPY
ISBN 10
4910053301   COPY
出版者記号
910053   COPY
Cコード
C0777  
0:一般 7:絵本 77:家事
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2022年6月10日
書店発売日
登録日
2022年4月18日
最終更新日
2022年4月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

北欧発のベストセラー寝かしつけ絵本シリーズ、春の最新作。
読んであげるだけで子どもは愛情と安心を感じ、深くリラックスした眠りに誘われます。お話の中に(.......)と書かれているところがあります。この部分には、お子さんの名前を入れて読んでください。

本作では、お子さんはシュッカから一粒の種をもらい、一緒に育てます。この種は、子どもたちのお話を聞いて美しい花へと成長します。この花は子どもたちの自尊心を表しています。悲しい時、つらい時にこの花を思い出すことで、お子さんは安心し、自信が持てるのです。

目次

【推薦文】
現代人にピッタリの作品です! 慌ただしい生活環境の中で、寝る前もスマホやインターネットでデジタルマインドの交感神経優位になってしまう毎日。寝る前に、まず息を吸ってから、『よるクマシュッカ』の「ふゎーあ」を試すことで、心の癒しと自分自身をとても感じることができます。大人からお子さままで、たくさんの方に触れて欲しい作品だと思います。
ケン・ハラクマ(インターナショナルヨガセンター代表)

お子さまの名前を呼びかけるリフレインと、キーワードの「ぴったりくっつく」は安心をもたらします。もうひとつのキーワード「いいにおい」は、心の脳とも呼ばれる大脳辺縁系への入口です。交感神経が活動を低下させ、副交感神経が活動を高める条件が整っています。寝る前のルーティンとしてお勧めです。
神山潤(日本睡眠学会理事)

【モニターになってくださったご家族からの声】

●生後8か月の息子に読み聞かせています。これまで絵本を使った寝かしつけを何度も試しましたが、紙に興味を持ち、触ろうとしてしまってよけいに目を覚ませてしまうため、歌ったり、詩を暗唱したりと工夫していました。しかし、なぜか『よるくまシュッカ』だけは、読み聞かせに集中して可愛いシュッカの世界にうっとり。後半を読むころにはウトウトし出すので、静かな優しい声で囁いています。
さらに、効果があったのは息子の寝かしつけだけではありませんでした。『よるくまシュッカ』を読んでいると、父親の僕も心が安らぎます。言葉と呼吸に身をまかせることで、愛情が溢れ出してきます。どんなに忙しいときでも、心が元あった場所に戻ってきます。それは、『よるくまシュッカ』が「語りかけ」の絵本だからだと思いました。読み聞かせていると、いつの間にか僕自身がシュッカになって息子に語りかけている。だからこそ、息子が安眠してくれるのかもしれません。第一子を育てる新米父親の僕と息子とのコミュニケーションが、より親しいものになりました。
「シュッカのぬいぐるみがあるといいね」と、妻とふたりで話していました。我が家では息子だけでなく、妻と僕もすっかりシュッカの大ファンになっています。

生後8か月の息子と暮らす
宮崎智之さん(東京都、作家)


●「シュッカをよむと、ねむくなっちゃうんだあ」
そう言いながらもうれしそうに絵本を持ってきます。
シュッカと一緒にあくびのマネをしたり、横になったり、
まくらをふかふかのお腹に見立てたり。
「シュッカにあいたいなあ」
にこにこしながらぎゅっと目をつむり
そのまま眠ってしまう姿を見ていると、
もしかしたら夢で会ってるのかなと思わずにはいられません。

3歳の娘と暮らす
田中裕子さん(東京都、ライター・編集者)


●寝る時間になると「くまさん読んで~」と自分から『よるくまシュッカ』を読んで欲しがるようになりました。
読み始めると、すぐにおやすみモードに切り替わります。
寝つきが悪い時期なのでとても助かっています。
ただ寝かしつけるのではなく、この絵本を読む中で、娘を大切に思っていることを伝えられれるのも素敵でした。
毎日ちゃんと伝えたいのについ忘れがちなポジティブな言葉をかけてあげれるので、娘はとても安心するし、僕たち親も寝る前にリラックスすることができました。なんだか僕も寝つきが良くなったようです。
これからも毎晩読むようにしたいと思っています。

2歳5か月の娘と暮らす
稲泉広平さん(東京都、出版社勤務)

前書きなど

ねんねの じかんが きましたよ
ほしのもりは きれいな はなで いっぱい

よるくまシュッカ と あんしんの はなは 
こどもも おとなも じぶんを だいすきになれる
あいの えほんです。

よるくまシュッカは こどもたち、そしてこのせかいに
あいを つたえるために うまれてきました。
シュッカは こどもたちを ふしぎな ゆめの たびへ つれていきます。

たくさんの はながさく もりへ すてきな たびを!

版元から一言

ママとパパへ

お子さんにこの本の読み聞かせを始める前に、シュッカについてご紹介したいと思います。

シュッカは、とても愛情深い、思いやりのあるくまです。子どもたちのところにやってきて優しくだっこします。

お話の中に(.......)と書かれているところがあります。
この部分にはお子さんの名前を入れてください。複数のお子さんに読む時には「みんな」に変えてもいいですし、ひとりひとりの名前を呼んであげてもいいでしょう。

お話の間には、こんな言葉が入っています。
ふゎーあ や んーん など
シュッカといっしょにあくびをし、満足そうな声を聞かせてあげてください。
ママやパパが自分なりの●擬音●(ぎおん)をつけ加えたら、さらにおだやかなふんいきが生まれて、お子さんが気持ちよく眠りへとさそわれるでしょう。

(はなから いきを すって、はきます)
ふゎーあ
と書いてあるところでは、花のにおいをかいでいるつもりになって、深く呼吸をしてください。

お子さんはシュッカから一粒の種をもらい、一緒に育てます。
この種は、子どもたちのお話を聞くと喜んで、美しい花へと成長します。
この花は子どもたちの自尊心を表しています。悲しい時、つらい時にこの花を思い出すことで、お子さんは安心し、自信が持てるのです。

絵本の中でシュッカは、お子さんが話しやすいように質問をします。そしてお子さんの答えをのんびり待ちます。もしお子さんがよい言葉を見つけられない時には手伝ってあげてください。質問が多すぎると感じたら、いくつか選んでください。ママやパパが質問を考えてもいいでしょう。

声の大きさを保って、ゆっくりと読み聞かせをしてください。すると、さらに穏やかでくつろいだねんねの時間になるでしょう。

絵本を読んでもらって、子どもたちが静かな気持ちになり、ママやパパと一緒に幸せなひとときをすごすことができますように。シュッカのふわふわの腕の中で……。

星の森への楽しい旅を。


エミリー・メルゴー・ヤコブセン

上記内容は本書刊行時のものです。