版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
戦時体制に突入した世界経済 ベンジャミン・フルフォード(著/文) - 清談社Publico
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天
直接取引: なし

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784909979353

戦時体制に突入した世界経済 「闇の支配者」が画策する欧米中心体制の解体が始まる

社会科学
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:清談社Publico
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ20mm
重さ 300g
240ページ
並製
定価 1,600円+税
ISBN
978-4-909979-35-3   COPY
ISBN 13
9784909979353   COPY
ISBN 10h
4-909979-35-2   COPY
ISBN 10
4909979352   COPY
出版者記号
909979   COPY
Cコード
C0033  
0:一般 0:単行本 33:経済・財政・統計
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2022年8月26日
書店発売日
登録日
2022年6月2日
最終更新日
2022年8月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

ウクライナ侵攻の真相、中国・習近平政権の「次の狙い」、
バイデン・岸田会談の思惑を結ぶ「点と線」

プーチンが号砲を鳴らした「第2次冷戦」の本当の勝者とは?
……日本が歩むべき「たったひとつの道」とは?

世界でいま、経済戦争が起こっている。
この問題の深層にあるのは、実体経済の軸足が
欧米からアジアに移っているという事実だ。

欧米旧権力は世界から孤立しつつある。
彼らは新型コロナウイルス・パンデミック騒動を引き起こし、
ワクチン接種によって人類家畜化計画を遂行しようとした。

裏を返せば、これは彼らの最後の断末魔であり、失敗に終わるだろう。
そしてロシアのウクライナ侵攻によって第二次冷戦の号砲が鳴らされ、
やがて決着がつき、世界は新しい体制へと移行していく。

そのときが来れば、ようやく世界、そして日本は
欧米旧権力から解放されるのだ。(「はじめに」より)

これが、われわれの未知の領域に入った世界経済の「リアルな姿」だ!

●ウクライナ紛争の背景は「武器、麻薬、人身売買、生物兵器」
●「ワクチン自体がパンデミックの原因」という証拠
●イーロン・マスクがツイッターを買収した真意
●なぜ、バイデンは「台湾に軍事介入する」と言い続けるのか
●スウェーデンとフィンランドのNATO加盟申請の舞台裏
●「天然ガス供給停止」をめぐるロシアの巧妙な駆け引き
●ロシア新興財閥オリガルヒの「死の真相」
●インドが「対ロシア包囲網」への誘いを拒む理由
●まったく中身がないアメリカ主導の「IPEF」
●ウクライナ支援の裏側で起こる「金融経済戦争」 ほか

目次

はじめに 欧米旧権力の「孤立化」が始まった
第1章 崩壊するアメリカ経済、孤立するバイデン
第2章 終焉する旧支配体制、台頭する中国・ロシア
第3章 混迷する中東・アフリカ、傍観するインド
第4章 変異する金融システム、経済戦争に突入する世界
おわりに 〈彼ら〉の支配から世界を救う「たったひとつの道」

著者プロフィール

ベンジャミン・フルフォード  (ベンジャミン フルフォード)  (著/文

1961年カナダ生まれ。ジャーナリスト。上智大学比較文学科を経て、カナダのブリティシュ・コロンビア大学卒業。米経済紙『フォーブス』の元アジア太平洋支局長。著書に、『日本がアルゼンチン・タンゴを踊る日』(光文社)、『メルトダウンする世界経済』『闇の支配者に握り潰された世界を救う技術』シリーズ(イースト・プレス)、『分断される世界経済』(清談社Publico)、『一神教の終わり』(秀和システム)、『コロナマネーと崩壊する世界経済』(かや書房)、『世界を操る 闇の支配者2.0』(共著、宝島社)など多数。

上記内容は本書刊行時のものです。