版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
計画ストック評価学序説 東 正則(著) - 農林統計出版
....
【利用可】

書店員向け情報 HELP

計画ストック評価学序説 (ケイカクストックヒョウカガクジョセツ) 「生ける計画」を求めて、八郎潟新農村計画の今日的検証 (イケルケイカクヲモトメテハチロウガタシンノウソンケイカクノコンニチテキケンショウ)

社会一般
このエントリーをはてなブックマークに追加
A5判
縦210mm 横149mm 厚さ9mm
重さ 225g
168ページ
並製
定価 2,000円+税
ISBN
978-4-89732-480-7   COPY
ISBN 13
9784897324807   COPY
ISBN 10h
4-89732-480-7   COPY
ISBN 10
4897324807   COPY
出版者記号
89732   COPY
Cコード
C3061  
3:専門 0:単行本 61:農林業
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2023年6月20日
書店発売日
登録日
2023年4月12日
最終更新日
2023年6月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

◎八郎潟新農村建設計画を例に計画評価の実際に迫る!
これまで顧みられてこなかった計画の評価について、八郎潟新農村建設計画を例に検証する。優れた計画からは、その検証によって多くのことを学び、地域住民にストックを蓄積させ、地域に貢献できるというメリットが生まれる。本書では、問われてこなかった「計画の評価」の視点の重要性について舌鋒鋭く言及する。

目次

第1章 本書の目的と検討方法
1 「生ける計画」の提唱と意義〈計画のあり方を求めて〉
2 計画「ストック」評価の必要性〈計画はその効果の蓄積で評価されるべきである〉
3 「八郎潟新農村計画」の事例としての意義〈国のモデルとしての計画の今日的意義〉
4 計画ストック評価「学」の意味〈計画は常に検証されて発展する〉

第2章 農地開発と集落整備の展開
1 農地開発の史的展開と八郎潟干拓〈農地開発の意義と展開〉
2 大規模干拓集落の展開〈同時代における八郎潟干拓の特異性〉

第3章 八郎潟干拓地計画の展開
1 八郎潟干拓の経緯〈時代の画期としての事業計画〉
2 八郎潟干拓の実現に向けて〈格段の配慮下の国家事業〉
3 新農村建設の構想〈農政の転換〉
4 農政転換と集落計画の変転〈戦後の農村計画理念の展開〉

第4章 八郎潟総合中心地計画の理念と評価
1 総合中心地の基本方針〈国のモデル農村としての思想〉
2 居住区域内施設等の計画〈大規模新農村としての居住環境確保〉
3 生産施設地区内等の配置計画〈大規模農業機械化のための整備〉
4 住宅計画〈大量入植集落のための「型」住宅供給〉
5 欧米の新都市計画理論との比較〈世界の新都市計画,日本のニュータウン開発との比  較〉

第5章 「生ける計画」としての計画ストックの評価
1 計画ストック評価の視点〈生ける計画としての計画ストックの評価〉
2 八郎潟新農村の計画ストック〈計画ストックの多様な評価〉
3 八郎潟新農村計画ストックの将来的意義〈計画ストックの地域性と社会的意義〉

第6章 計画ストック評価学の発展
1 計画ストック評価の重点的検証
2 計画ストック評価学の展開に向けて〈計画学の発展を見定めるために〉

著者プロフィール

東 正則  (アズマ マサノリ)  (

1943年 北海道上磯町(現在・北斗市)生まれ。
農学博士(東京大学)、工学修士(工学院大学)、法学士(中央大学)。
一級建築士。元・工学院大学工学部建築学科教授。

上記内容は本書刊行時のものです。