版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
「林政ニュース」第725号 「林政ニュース」編集部(編集) - 日本林業調査会
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|中|協和|日教販
直接取引:あり(その他)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

「林政ニュース」第725号 (リンセイニュースダイナナヒャクニジュウゴゴウ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
B5横変形判
縦180mm 横260mm 厚さ3mm
重さ 50g
24ページ
並製
価格 1,200円+税
ISBN
978-4-88965-725-8   COPY
ISBN 13
9784889657258   COPY
ISBN 10h
4-88965-725-8   COPY
ISBN 10
4889657258   COPY
出版者記号
88965   COPY
Cコード
C0061  
0:一般 0:単行本 61:農林業
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2024年5月29日
書店発売日
登録日
2024年5月25日
最終更新日
2024年6月7日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

第725号は、森林経営管理法の改正と制度見直しへ自民党が決議/JAS法違反は誠に遺憾、林野庁が異例の注意喚起/全木協連会長に平方宏氏、全天連会長に山下光明氏/譲与税を追う・山梨県都留市/続・協和木材の戦略「山からの哲学」で未来を拓く/白鷹町が国土防災技術と包括連携協定締結/伊豆産クロモジを使いシャンプー&コンディショナー――などを掲載しています。

目次

【表紙】
国内生保最大手の日本生命保険相互会社が全国100か所の営業拠点を木造・木質化するプロジェクトを進めている。画像は、群馬県富岡市に新築した「群馬冨岡オフィス」。

【ニュース・フラッシュ】
◆森林経営管理法の改正と制度見直しが必要 自民党が決議、「骨太の方針」に反映へ
◆JAS法違反は誠に遺憾─林野庁の谷村部長が異例の注意喚起
◆羽田空港に木造+鉄骨造の新施設を建設
◆ベトナムとの協力強化へ覚書、持続可能な森林経営など目指す
 ▽インド、オーストリアとも連携し、木材利用の“輪”を広げる
◆中国木材が農林・経産省と協定、国産材170万m3目指す
◆日本生命の木造・木質化PJ本格スタート、100物件目指す

【中央団体総会シーズンの動き】
 ▽全木協連会長に平方宏氏(群馬県)、常務理事に中村氏就任
 ▽全天連会長に山下光明氏(大阪府)「ツキ板業界は正念場」
 ▽日合連の専務理事に上練三氏、林道安全協会専務理事も交代

【譲与税を追う】
山梨県都留市
地元材で「谷村城下町」を新たな観光拠点に!人づくりも推進
 ▽「森の学校」など継続、「活用の方向性」示し課題解決に挑む

【遠藤日雄のルポ&対論】
続・協和木材の戦略「山からの哲学」で未来を拓く
 ▽持続可能な林業を成立させて、国産材の利用拡大に取り組む
 ▽スケールメリットを活かして山元還元増やし地域経済底上げ
 ▽国産2×4材メーカーがネットワークを組み海外市場開拓へ
 ▽透明性とクリアな経営によって信用される国産材業界になる

【地方のトピックニュース】 
◆白鷹町が国土防災技術と包括連携協定締結 林政課を新設、林業振興の取り組み強化
 ▽永野徹氏が林野庁を早期退職して陣頭指揮、新規事業なども検討
◆万博のシンボル“木のリング”の再利用を─大阪府木連が提案
◆「G-クレジット」初認証、中津川市と東白川村森組が取得
新商品 伊豆産クロモジを使いシャンプー&コンディショナー
◆林業経営を体験するボードゲームがデビュー、環境との両立も
◆デジタル森林浴の共同研究継続、生産性アップの要因を探る

【りんせいダイアリー300秒】
◆林業経済・砂防・森林利用学会合同シンポ
◆当麻町と下川町でバイオマス熱利用見学会
◆「美しの森活動コンクール」で13団体受賞
◆「地域内エコシステム」構築の支援先募集
◆森林情報オープンデータ活用へ意見交換会
◆週刊『チャコールタイムス』が3月末で休刊

【データ・ファイル】
都道府県林務部局の4月人事異動・その3

【人事・消息】
明治神宮管理課主幹に松本寛喜氏が就任

【広告】
日鉄建材株式会社
日本林業土木株式会社

上記内容は本書刊行時のものです。