版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
ウイグル詩史 萩田麗子(著/文) - 集広舎
.
詳細画像 0
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: 鍬谷|地方小
直接取引: あり(自社)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

ウイグル詩史 (ウイグルシシ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:集広舎
A5判
362ページ
価格 2,727円+税
ISBN
978-4-86735-046-1   COPY
ISBN 13
9784867350461   COPY
ISBN 10h
4-86735-046-X   COPY
ISBN 10
486735046X   COPY
出版者記号
86735   COPY
Cコード
C0098  
0:一般 0:単行本 98:外国文学、その他
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2023年11月6日
最終更新日
2023年12月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

紀元前の「勅勒歌」から、20世紀前半の獄中詩まで2000年を超すウイグルの歴史のなかで詠み継がれた代表的な詩の訳を、その歴史的背景とともにわかりやすく紹介した本。

〝ウイグルの魂を知るための旅へ〟

シルクロードに生き続けたウイグルの詩は草原を駆け、砂漠を渡り、歴史の息吹を伝えた

目次

はじめに
第一章 古代
 一 勅勒歌
 二 匈奴歌
 三 石碑に彫られた詩
  附録1/翻訳 トニュクク碑文
第二章 西ウイグル国(天山ウイグル国)の時代
 一 古ウイグル語による仏典翻訳
 二 頭韻詩の出現
 三 英雄叙事詩 オグズ・ナーメ
  附録2/翻訳 オグズ・ナーメ
第三章 カラハン朝の時代
 一 クタドゥグ・ビリグ(幸福になるための知識)
 二 テュルク諸語集成
第四章 古典詩の時代
 一 チャガタイ語について
 二 詩型 ガザル
 三 テュルク語の中で生まれた古典詩 トゥユク
 四 ウイグルのムカムについて
 五 古典詩の時代の詩人たち
第五章 現代詩への扉を開けた詩人たち
 一 アブドゥハリク・ウイグル
 二 ニムシェヒト
 三 ルトゥプッラ・ムテッリプ
 四 アブドゥレヒム・オトキュル
第六章 ウイグルの民俗詩 コシャクの世界
 一 コシャクのかたち
 二 人生を詠んだコシャク
 三 歴史を詠んだコシャク
 四 詩人たちが詠んだコシャク
 五 現代のコシャク
後書き
参考とした主な資料
索引

前書きなど

〝詩は言葉でかたどられた酒杯になみなみと注がれた酒のようなもの〟

紀元前からウイグル人の祖先は詩を詠んでいた。その詩はメロディーに乗って人々の口から口へと伝えられ、彼らがまだ文字を持っていなかったときに、漢語に翻訳されて書物に記録された。
この、漢語に翻訳された詩、勅勒歌をスタートラインに置き、二十一世紀に至るまで途切れることなく受け継がれてきたウイグルの詩の流れを追いながら、ウイグルの魂を知るための旅をすることにしたい。
     ―― 本書「はじめに」より

著者プロフィール

萩田麗子  (ハギタ レイコ)  (著/文

1950年、熊本県生まれ。1983年、東京外国語大学大学院修士課程アジア第二言語科修了。1988 - 1989年、カラチ大学(パキスタン)留学。1994 - 1995年、新疆大学留学。専攻、古典詩研究。訳書に『ウイグル十二ムカーム』(集広舎、2014年)、『ウイグルの地の弥勒信仰』(集広舎、2021年)など。著書に『ウイグルの荒ぶる魂──闘う詩人アブドゥハリク・ウイグルの生涯』(高木書房、2016年)など。

上記内容は本書刊行時のものです。