版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
みんなで平等をつくる シャノン・ウェバー(著/文) - 亜紀書房
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|中|鍬谷|日教販|JRC|日キ販|子どもの文化
直接取引: あり
返品の考え方: 返品は常時承ります。

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784750517292

みんなで平等をつくる

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:亜紀書房
B5変型判
48ページ
上製
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-7505-1729-2   COPY
ISBN 13
9784750517292   COPY
ISBN 10h
4-7505-1729-1   COPY
ISBN 10
4750517291   COPY
出版者記号
7505   COPY
Cコード
C0036  
0:一般 0:単行本 36:社会
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2021年11月8日
最終更新日
2022年1月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

〈 子どもも大人もみんなでいっしょに考える本 〉

平等ってなに?
いま世界にはどのような不平等や差別があるの?
なぜ不平等や差別は起こるの?
偏見ってなに? それにうち勝つためになにができるの?
男らしさ、女らしさから自由になるにはどうしたらいいの?

わたしたちすべてが平等で公平に生きていくために、ひとりひとりができることを見つけて、みんなで動きだそう。
――わたしも、あなたも、あの人も、みんなべつべつの個性を持った、それぞれかけがえのない人。





【同時発売】
アクティビストあつまれ!『みんなで地球をまもる』
(ベン・ホアー 文、ジェイド・オーランド 絵、寺西のぶ子 訳)
わたしたちの大切な場所とかぎりない未来が美しく、健康であるために。
わたしたちが暮らすこの地球を、よりよい場所にするために、ひとりひとりができることを見つけて、みんなで動きだそう。


___________________

《 アクティビストって? 》
社会の問題について、声を上げたり、行動を起こしたりする人。
つまり、この本を読んでいるみんなのこと。

目次

平等ってなに?

ジェンダー
■ジェンダーってなに?
■ジェンダー・ステレオタイプとたたかう
■フェミニズムを理解する
■男子と男性のフェミニズム
■女の子からおばあさんまで世界の女性の権利
■美しくなれという呪いとたたかう

性的指向
■性的指向ってなに?
■LGBTQ+の権利を求める活動

障がい
■障がいってなに?
■障がいと不平等

人種差別
■人種差別ってなに?
■今も残る奴隷制度の影響
■アパルトヘイト
■カラリズム
■ブラック・ライヴズ・マター

階級
■階級差別ってなに?
■労働者と労働組合
■労働者からの搾取とたたかう

ナショナリズム
■ナショナリズムってなに?
■ゼノフォビア(外国人恐怖)を理解する
■移民や難民の権利を平等に

宗教
■信教の自由ってなに?
■宗教多元主義
■宗教と平等

用語解説

著者プロフィール

シャノン・ウェバー  (シャノン ウェバー)  (著/文

ノンフィクション作家。カリフォルニア大学でフェミニスト研究の博士号を取得し、カリフォルニア州、マサチューセッツ州の大学で女性学やジェンダー研究を教えてきた。著書に『分単位のフェミニズム』、『バッシャー市民――民主主義のルール!』がある。

ジェイド・オーランド  (ジェイド オーランド)  (イラスト

イラストレーター。米国ノースカロライナ州の軍施設で生まれ、ミシガン州の小さな町で育つ。サバンナ芸術工科大学でイラストレーションを学ぶ。絵本、イラスト、アパレル、広告などさまざまな分野で活躍している。

寺西 のぶ子  (テラニシ ノブコ)  (翻訳

京都府生まれ。訳書にブース『英国一家、日本を食べる』(角川文庫)、『英国一家、インドで危機一髪』『英国一家、日本をおかわり』(以上、KADOKAWA)、『ありのままのアンデルセン』、リッチ『世界の半分、女子アクティビストになる』(以上、晶文社)、レヴェンソン『ニュートンと贋金づくり』(白揚社)、タッカー『輸血医ドニの人体実験』(河出書房新社)、カーター・ヘット『ドイツ人はなぜヒトラーを選んだのか――民主主義が死ぬ日』(亜紀書房)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。