版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
みんなで地球をまもる ベン・ホアー(著/文) - 亜紀書房
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|中|鍬谷|日教販|JRC|日キ販|子どもの文化
直接取引: あり
返品の考え方: 返品は常時承ります。

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784750517285

みんなで地球をまもる

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:亜紀書房
B5変型判
48ページ
上製
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-7505-1728-5   COPY
ISBN 13
9784750517285   COPY
ISBN 10h
4-7505-1728-3   COPY
ISBN 10
4750517283   COPY
出版者記号
7505   COPY
Cコード
C0036  
0:一般 0:単行本 36:社会
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2021年11月8日
最終更新日
2022年1月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

〈 子どもも大人もみんなでいっしょに考える本 〉

なぜ地球は危険にさらされているの?
野生生物やその生息地をまもるためになにができるの?
どうすれば環境をまもって、わたしたちは暮らすことができるの?
どうすればごみや汚染を減らすことができるの?
持続可能な社会をつくるにはどうすればいいの?

わたしたちが暮らすこの地球を、よりよい場所にするために、ひとりひとりができることを見つけて、みんなで動きだそう。
――わたしたちの大切な場所とかぎりない未来が美しく、健康であるために。




【同時発売】
アクティビストあつまれ!『みんなで平等をつくる』
(シャノン・ウェバー 文、ジェイド・オーランド 絵、寺西のぶ子 訳)
わたしも、あなたも、あの人も、みんなべつべつの個性を持った、それぞれかけがえのない人。
わたしたちすべてが平等で公平に生きていくために、ひとりひとりができることを見つけて、みんなで動きだそう。


___________________

《 アクティビストって? 》
社会の問題について、声を上げたり、行動を起こしたりする人。
つまり、この本を読んでいるみんなのこと。

目次

はじめに
人口

生息地と狩猟
■生息地がなくなる
■狩猟
■野生生物取引

気候変動
■変わりゆく世界
■気候変動にタックルしよう
■気候変動の解決策

食糧
■食糧と農業
■漁業
■肉を食べる

汚染
■大気汚染
■土壌と海の汚染
■マイクロプラスチック

家庭
■家庭のエネルギー
■水をみんなのために
■家の庭でできる地球環境運動

都市と旅行
■ショッピング
■環境にやさしいグリーンシティ
■空を飛ぶ

希望:環境がよくなる未来

用語解説

著者プロフィール

ベン・ホアー  (ベン ホアー)  (著/文

野生生物の生態をさぐる冒険に世界中を渡り歩くジャーナリスト。英国BBCのワイルドライフマガジンの編集に携わるほか、子ども向けの美しい自然科学の著作で定評がある。邦訳された作品に『ビジュアル版 動物たちの地球大移動――空と海と大地をめぐる神秘のライフ・サイクル』(別宮貞徳監訳、悠書館)、『うつくしすぎる自然博物』『うつくしすぎる世界の動物』(以上、高里ひろ訳、主婦の友社)がある。

ジェイド・オーランド  (ジェイド オーランド)  (著/文

イラストレーター。米国ノースカロライナ州の軍施設で生まれ、ミシガン州の小さな町で育つ。サバンナ芸術工科大学でイラストレーションを学ぶ。絵本、イラスト、アパレル、広告などさまざまな分野で活躍している。

寺西 のぶ子  (テラニシ ノブコ)  (翻訳

京都府生まれ。訳書にブース『英国一家、日本を食べる』(角川文庫)、『英国一家、インドで危機一髪』『英国一家、日本をおかわり』(以上、KADOKAWA)、『ありのままのアンデルセン』、リッチ『世界の半分、女子アクティビストになる』(以上、晶文社)、レヴェンソン『ニュートンと贋金づくり』(白揚社)、タッカー『輸血医ドニの人体実験』(河出書房新社)、カーター・ヘット『ドイツ人はなぜヒトラーを選んだのか――民主主義が死ぬ日』(亜紀書房)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。