版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
横山タカ子の汁飯香 横山 タカ子(著/文) - 主婦と生活社
..
【利用不可】

横山タカ子の汁飯香 (ヨコヤマタカコノシルメシコウ) 毎日の食卓は、がんばらなくても整います。 (マイニチノショクタクハガンバラナクテモトトノイマス)

趣味・実用
このエントリーをはてなブックマークに追加
A5判
112ページ
定価 1,600円+税
ISBN
978-4-391-16178-6   COPY
ISBN 13
9784391161786   COPY
ISBN 10h
4-391-16178-8   COPY
ISBN 10
4391161788   COPY
出版者記号
391   COPY
Cコード
C0077  
0:一般 0:単行本 77:家事
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2024年3月29日
最終更新日
2024年6月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

汁飯香(しる・めし・こう)=汁もの・ごはんもの・お漬けもの。
がんばって毎日おかずをたくさん作らなくても、汁飯香があれば、
食卓はこんなに豊かに!

温かいみそ汁に炊きたてのごはん、それにお漬けものがあれば、
それだけでホッとする……私たち日本人の食事の根幹にあるのが、
「汁」「飯」「香」です。

「汁飯香が揃っていれば、毎日の食事はもちろん、
人を招いたときだって、じゅうぶん立派なおもてなしになります」
そう語るのは、長野で暮らし、長年にわたって郷土料理や信州の行事食を
研究している料理研究家の横山タカ子さん。

パパッとすませたいお昼ごはんには気軽なのっけごはん、
昨夜は食べ過ぎてしまったなという日の朝ごはんにはシンプルなみそ汁と
ごはん、梅干しさえあればいい。
特別な日には、季節感を盛り込んだ華やかなおすしを。
寒い日は鍋仕立てにすれば、汁ものが食卓の主役になる。
そのほか、日々の晩酌の〆や、大勢の人が集まるときにも──
さまざまなシーンで、汁飯香は活躍します。

肉や魚を使った食べごたえのある炊き込みごはんには、
シンプルな野菜のみそ汁を合わせる。
逆に、汁ものを具だくさんにしたら、ごはんはあっさりした混ぜごはんに。
それぞれに気軽な即席漬けや一夜漬けを添えれば、たんぱく質も
野菜もしっかりとれる。そんな横山流「汁が主役の献立」
「ごはんが主役の献立」もご紹介します。
“漬けものの第一人者”として知られる著者ならではの、漬けものを
アレンジした料理アイデアもご紹介。

汁ものとごはん、お漬けものだけでこんなに満足感のある豊かな
食事になるんだ! ときっと驚くはず。おいしく健康的な
「横山タカ子の汁飯香」をぜひお試しください。

目次

第一章 毎日の汁もの
だしをとる
汁が主役の献立
具だくさんみそ汁
具だくさんすまし汁
主役になる鍋仕立ての汁もの

第二章 毎日のごはんもの
ごはんを炊く
ごはんが主役の献立
混ぜごはん
炊き込みごはんとおこわ
気軽なのっけごはん
季節のおすし

第三章 毎日のお漬けもの 
即席漬け
一夜漬け
漬けもので、もう一品

著者プロフィール

横山 タカ子  (ヨコヤマ タカコ)  (著/文

料理研究家。長野県大町市に生まれ、長く長野市で暮らす。信州の食の豊かさに着目し、気候を生かした伝統食品や郷土料理を研究。その中に健康長寿の知恵があることを知り、家庭料理としてアレンジしたレシピを広く紹介している。漬けものの第一人者としても知られ、長野県内外で「食と健康」をテーマに講演をおこなうほか、NHK「きょうの料理」講師としてもテレビなどで活躍する。

上記内容は本書刊行時のものです。