版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
「地域おこし協力隊」は何をおこしているのか? 移住の理想と現実 田口 太郎(著/文) - 星海社
..
詳細画像 0
【利用不可】

書店員向け情報 HELP

「地域おこし協力隊」は何をおこしているのか? 移住の理想と現実 (チイキオコシキョウリョクタイハナニヲオコシテイルノカ イジュウノリソウトゲンジツ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:星海社
新書判
224ページ
定価 1,350円+税
ISBN
978-4-06-536028-6   COPY
ISBN 13
9784065360286   COPY
ISBN 10h
4-06-536028-5   COPY
ISBN 10
4065360285   COPY
出版者記号
06   COPY
Cコード
C0239  
0:一般 2:新書 39:民族・風習
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2024年5月21日
最終更新日
2024年6月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

移住者と地域住民がタッグを組んで、地域をおこすために必要なことは?

近年SNSでの炎上でニュースになることも少なくない「地域おこし協力隊」。都市部の住民が地方に移住し地域協力活動に従事するこの取り組みにおいて、地域住民と協力隊員のあいだでトラブルが多発しています。もちろん問題ばかりではなく各地で活躍する事例は多いことから、政府は2026年までに協力隊員を1万人に増やすという目標を掲げています。どうしたら急拡大している地域おこし協力隊を本当に地域のための制度として活用することができるのか。そもそも地域おこしって何を“おこす”のか? この制度に詳しく、協力隊員向け研修プログラムの企画・実施をしてきた著者が、都市と地方の両視点から語ります。

*本書目次より抜粋
はじめに
第1章 地域おこし協力隊はなぜ炎上してしまうのか
第2章 地域おこし協力隊とは その背景と制度「人的支援」の系譜
第3章 なぜ協力隊にばかり注目が集まるのか? 急拡大する地域おこし協力隊
第4章 協力隊は、何をおこすのか? 「地域振興」を再考する
第5章 地域自治の再生と人的支援の考え方 人的支援がもたらす影響の大きさ
おわりに

著者プロフィール

田口 太郎  (タグチ タロウ)  (著/文

徳島大学大学院教授。1976年神奈川県生まれ。早稲田大学建築学科、同大学院修了。博士(工学)。小田原市政策総合研究所特定研究員、早稲田大学建築学科助手、新潟工科大学建築学科准教授、徳島大学准教授を経て現職。専門は都市計画・まちづくり。総務省「これからの移住・交流施策のあり方に関する検討会」構成員、内閣府「地方創生推進交付金のあり方に関する検討会」委員、農水省「長期的な土地利用の在り方に関する検討会」委員などを歴任。自身も徳島県下の小規模集落に移住し生活している。主な著書に「中越地震から3800日」(ぎょうせい)、「住み継がれる集落をつくる」(学芸出版社)、「地域おこし協力隊 10年の挑戦」(農文協)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。