版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
楠木正成・正行・正儀 南北朝三代の戦い 生駒 孝臣(著/文) - 星海社
..
詳細画像 0
【利用不可】

書店員向け情報 HELP

楠木正成・正行・正儀 南北朝三代の戦い (クスノキマサシゲ マサツラ マサノリ ナンボクチョウサンダイノタタカイ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:星海社
新書判
224ページ
定価 1,400円+税
ISBN
978-4-06-535473-5   COPY
ISBN 13
9784065354735   COPY
ISBN 10h
4-06-535473-0   COPY
ISBN 10
4065354730   COPY
出版者記号
06   COPY
Cコード
C0221  
0:一般 2:新書 21:日本歴史
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2024年3月19日
最終更新日
2024年7月4日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2024-05-11 朝日新聞  朝刊
評者: 佐藤雄基(立教大学教授)
MORE
LESS

紹介

時代によって評価が変わった楠木氏三代

鎌倉時代末期から南北朝時代の武将楠木正成とその長男の正行、三男の正儀。この三人の父子が本書の主役である。後醍醐天皇と南朝を支え続け、戦前の教育では理想の「忠臣」として賞賛された正成・正行だが、戦後になると正成は権力に抗う「悪党」へと評価を一変させた。いっぽうの正儀は「裏切り者」のイメージから戦前の教育で触れられることはなかったが、近年は南朝を代表する武将として再評価が進んでいる。時代によって評価が大きく変わった楠木氏三代の実像とはどのようなものか。気鋭の研究者が同時代史料や『太平記』を駆使しながら虚飾のない新たな楠木氏像を再構築していく。

*目次
はしがき 二十一世紀の楠木氏

第一部 楠木父子 三代の軌跡
第一章 楠木正成
一、楠木正成の登場
二、正成と後醍醐天皇
三、正成の挙兵
四、正成と建武の新政
五、建武政権の崩壊
六、湊川の戦い

第二章 楠木正行
一、正行の人物像
二、正行と南朝
三、正行の戦い
四、四条畷合戦

第三章 楠木正儀
一、正儀と南朝
二、正儀と観応の擾乱
三、正儀・南朝の反撃
四、室町幕府との激戦
五、正儀と北朝・室町幕府
六、正儀の幕府への帰順
七、正儀の最期

第二部 楠木氏とは何者だったのか? 領地・在地武士・戦争
第四章 楠木氏の支配領域
一、楠木氏の本拠地
二、楠木氏の所領
三、南朝国司・守護としての支配地

第五章 楠木氏と在地武士
一、正成と畿内武士
二、楠木武士団の実態
三、楠木正儀と楠木武士団の再編

第六章 楠木氏の戦争
一、正成の戦争
二、正行の戦争をめぐる虚実
三、正儀の戦争

第七章 楠木氏の子孫
一、正儀の子どもたち
二、室町時代の楠木氏

あとがき

主要参考文献

著者プロフィール

生駒 孝臣  (イコマ タカオミ)  (著/文

1975年三重県生まれ。大阪教育大学教育学部卒業、名古屋大学大学院文学研究科博士前期課程修了、関西学院大学大学院文学研究科博士課程後期課程単位取得退学、博士(歴史学)。現在、花園大学文学部日本史学科准教授。著書に『楠木正成・正行』『中世の畿内武士団と公武政権』(以上、戎光祥出版)、『楠木正行・正儀』(ミネルヴァ書房)、共編著に『南北朝の動乱 主要合戦全録』(星海社新書)、『南北朝武将列伝 南朝編』(戎光祥出版)、『楠木正成 知られざる実像に迫る』(批評社)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。